ほんやら洞・甲斐扶佐義 HONYARADO/KAI FUSAYOSHI's Web Site

 
title_honyarado.gif 

書 評 1.

「京美人」800人を撮った   

 
   京都市内で喫茶店「ほんやら洞」とカフェバーを営む甲斐扶佐義さんが来店する女性たち800人を撮影した写真集「Beautiful Women in Kyoto」を出版した。川上弘美さん、絲山秋子さんら芥川賞作家の素顔や、タレントの山田花子さんの和服姿など、京都ならではの「知的美人」が満載だ。
 12年前の写真集「美女365日」同様、女性たちを誕生日順に並べた。35年前の開店当時、男性常連客が手帳をみながら「お、今日はあの子の誕生日や」とデートの予定があるように振る舞っていたのを見て、 「忘れないですむように、誕生日別の美女カレンダーを作ったろう」と思い立った。2店とも、写真を撮らせてくれた女性は誕生日のお茶やお酒は無料にし、リピーター増もねらった。
 収録した中で最も古いのは1975年、詩人の白石かずこさんが店内で朗読ライブを開いた時の写真だ。大半はこの10年に撮ったもので、女性の笑顔の下に誕生日、出身地など1行の略歴がついている。
 「僕は記憶力が自慢だったのに、この数年、物忘れが激しい。でも、出身地を聞くなどその人の物語を記憶しておくと不思議と忘れない」と甲斐さん。そう言ってから、「カメラを向けて、誕生日をきく、なんて、純情な中学生のナンパみたいですよね」と照れ笑いした。
 作家の玄月さん、哲学者の鶴見俊輔さんら13人が、それぞれの美人についてのエッセーを寄せている。
 
 

(2006年7月1日「朝日新聞」より)
 

 
 beautifulwomen.jpg 

Beautiful Women in Kyoto  
京都 ほんやら洞・八文字屋の美女たち
 
写真/甲斐扶佐義
出版/冬青社
定価/3,500円(税別)
発行/2006年6月
B5変形判、256ページ
 
解説:井上章一、飯沢耕太郎、ギラン・ドゥ・ランクサン、玄月、沢野ひとし、杉本秀太郎、杉村昌昭、谷川渥、鶴見俊輔、司修、中川五郎、永田紅、室謙二