ほんやら洞・甲斐扶佐義 HONYARADO/KAI FUSAYOSHI's Web Site

 
カイ日乗 2月

2011.2/28(月)


布団のなかで寝たら楽だった。腰、首の疲れがわかる。もう30分と思ったが、家からとび出す。
堀口さんにtel。京都新聞出版センターとのことを喋り、お願いする。
天野さんに入金願いで一応、念押しの手紙を書く。
原稿を書いているときにガス代集金。松ちゃん、10年前の同大生でタワーホテル勤務の星川さんが覗く。
月曜日は休みときめたが、背に腹は変えられぬ。8時まで営業。林君、2F片付け再開。
〈八〉開店と同時に、「お母の調子がわるいん」という松ちゃん来店。3日前に、数年前に亡くなった弟の骨を納骨したという話。
介護福祉士(?)の資検をとったヨ氏来店。仲間20人をつれてこようとしたが、サイゼリアに逃げられたという。
そこにマヤちゃんが来店。やや活気づく。
9時半すぎに想定通り、オイタさんも。元気のない片山氏、友人のバーでもらった巻寿司、握り、魚入り味噌&キュウリ持参の鹿さん、不明3人客、Kさんに遭遇をやや心待ちにする朴ちゃん、さらに光風舎の吉原氏来店。
2時半閉店。ギリギリ、明朝の必要ブツ集まる。
帰宅後、TV前で朝まで。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/27(日)


今日は、ATTAC京都グループは障害者がいるので場所を移したと、予約キャンセルのtel。1Fでも使用してくれたら助かるのだが。
なぜか感情のたかぶりがおさまってない汀子さんがタカさんときて、飲み食いしてくれる。
タケボーは、搬出の手伝いをユリちゃんにお願いしたとかで、ごちそうするといって、自分は特製ジンジャー・ジュース3杯のむ。
ゆりちゃんはマイペース。祖母の書き物をネットに出すべきかと迷っている。
サッちゃんは帳簿。あとで、青ちゃんと3人で、残り野菜を使い尽すために、具いっぱいの鶏朝をつくってくう。
ぼくは明日の支払いのことで頭がいっぱい。どのチャンネルにむかうか迷う。ねこぅあん、パリのギャラリーが支払いしてくれれば済むのに、そうは問屋が卸さない。
サッちゃんはHのことを怒ること、しきり。
〈八〉には、マキノが待っていた。すぐに樽家さんが、福知山にとついだ小学校の同級生の女性とくる。彼女の子どもが、大本教の教会の人とケッコンし、実家の真言宗をとるか、大本をとるか、などという話題あり。
星ヶ丘学園の中山博之理事長が来店して、近々、星ヶ丘で個展開催を約束。ただし、次の写真集出版後で、ちゃんとプリントを買い上げしてくれるという条件つき。できたら同時期に、楠画廊でもやるつもり。いずれも大阪。
雨の中を帰宅後、TVで「老トレーナーの熱い闘い」「プリズン」をみる。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/26(土)


また、ゴロ寝。
〈ほ〉超ヒマ。
姉がどんこ(椎茸)を送ってくる。
今日もヒマ。ヤバイ!
〈八〉河村さんが自由大学(立命)の先生同伴。タケボー&明子さん、鹿さん&奥さん、建築家の吉原氏、福田さんは中国人の女性と、AKPの先生の旦那は新しいAKPの先生と恋人を、タテマツさん。浜ちゃんはワカちゃんと。ハマちゃんは、前回は〈八〉のあと、他の店にいき文なしで、Kサツにつれていかれたという。
AKPの先生はアマースト大の準教授(中国文学の教授)

このページのトップへLinkIcon

2011.2/25(金)


またTVの前で何もかけないで眠ってしまった。ROMEを見て、ネガ・チェックにくたびれて。「はぐれ刑事純情」もまた見てしまった。京大受験生たちの昼休みをツー・カット。
〈八〉の仕出し用の買物、経理のノートを買って、店入したのは、12時前。
1:00 ABCの石高氏来店。3月で退職。99才の父がいなければ無銭旅行にでるという。
杉村昌昭さん69年8月広小路のわだつみ像を倒した男が、その後、国書刊行会に入り、セリーヌの本にかかわったが、最近、連絡がとれない、その男の消息を知りたいという。その男の名を忘れた。
〈八〉に8時すぎにtel。研修つかれの川崎さんと、息子を東工大に入れたという樋口さんのみ。
到着、9時半。八田淳がマロニエのDM持参。白澤さんは、カウンターが一杯なので、出直す。長谷川さんは、KさんはTを押し倒したんやてなァと切り出してくる。ノーといわれ、そんな女ならば面白いと思ってきたのにと落胆風。Tに怒らんとアカンという。日仏の教師、ルイさん(ファッション論)はヴェロニックさんは次の火曜日にきますという。音楽のコンポーザーのミッシェルときたジェロームにルイを紹介するも、うかぬカオ。京大のイスラエル出身のイギリス人、ヤロンには優好的。ヤロンは2度目。去年、「Streets of kyoto」を買ったのが最初で、「1月末のカイさんの日仏会館での講演に行きました。良かった」という。ライカの立派なデジカメ持参。西成を撮った写真を見たが、面白かった。「カイさんと西成に行きたい」というので、確定申告が終わったら行こうと約束。中村医師も一年ぶり。今回は喋る時間なし。となりに白澤さんがいて、早慶の美男合戦だねという冗談もとび出す。奈良井さんはおそくきて、ヤロンと喋る。うしろには、不明客4人。合コンに破れてきたという。
ヤロンは、バイオナノテクノロジー専攻だが、その研究より写真の方がスリリングで、日本に永住したいという。カオリちゃんと同じ年。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/24(木)


部屋の戸も閉めきらず、毛布もかけず1Fでゴロ寝していた。
1時に〈ほ〉に入るも、林君は、店をあけてない。11時には開ける約束―少なくとも、オンボロ冷蔵庫のスイッチのチェックを入れる必要があるのに。全くの怠慢。おとといも同じ。やる気が失せているのだろう。3時になっても降りてこない。どうせ、朝まで、よからぬビデオをみていたのだろう。
昼、2人でも3人でも客がないのはつらい。林はアテにならない。
夜、引っこしで、初めてのぎっくり腰を経験したという南美ちゃん入り。京大マリーン&スノーが10数人。
〈八〉トップは奈良井さん、出張がえり。他所で少しのんでくる。
次は、岩本・永澄コンビ。昨日の奥野卓嗣の記事の間違い、おかしさ、よさが話題になる。「音読」の土門さん夫婦がきて話題がひろがる。タケボーのCD、唄がなければいいのになあと、土門さんの旦那。ジャーマンとティルがベルリンの女性2人をつれてくる。紀井さんはひまだと思ってきたという。朴ちゃんもきて、いい女を紹介して話でおわる。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/23(水)


11時まえに出勤。林君がいない。1時に戻ってきて、DVD屋に行っていたという。朝一番に冷蔵庫のボタンを押すのもおこたっていた。サッちゃん的視点では失格か。頼んでおいたワインボトルの資源ゴミとして出すのも忘れている。
ぼくは、こういった種々をチェックばかりする生活から脱出しなければ、あとがない。土俵際だ。
奥野卓嗣自身は故・深作光貞氏から影響をうけたかもしれないが、京都のフォークを論じるさいには、深作さんの代わりに片桐ユズル、中山容、有馬敲らの存在についてふれないとダメだと思う。初発の思いを大切にするのもいいが。
2時すぎ、オイタさん来店。
オイタさんに3月、〈ほ〉で60年代京都の写真展をやってもらうことにした。同大学館(現寒梅館)前でデモっている1965年の同大生の写真などがある。
S社で電子本の写真集を出する件で、京都新聞出版センターの税田隆部長に会う。快諾。さらに、普段着の京都の昭和の文人の写真集を出さないかと打診される。OK。
どんな人がいるか。
鶴見俊輔、日高六郎、小田実、秦恒平、高史明、北沢恒彦、桑原武夫、松田道雄、徐勝、井上章一、杉本秀太郎、片桐ユズル、中尾ハジメ、多田道太郎、河合隼雄、加藤典洋、黒川創、川村湊、鈴木隆之、白楽晴、麿赤児、呉智英、秋山祐徳太子、小山鉄郎、水上勉、川上弘美、瀬戸内寂聴、山田詠美、絲山秋子、司修、池田浩士、貝原浩、アイリーン・スミス、真継伸彦、梅原猛、ジャン・フィリップ・トゥーサン、エマニュエル・ギベール、茂山あきら、味方玄・団、スティーブン・ギブス、三島憲一、今村仁司、白石かずこ、岡林信康、都はるみ、秋野不矩、ダグラス・ラミス、加太こうじ、ロベルト・ユンク、中山容、有馬敲、田中国男、杉村昌昭、広瀬純etc
すぐに100人位はあつまるだろう。外国人の大物も交じえるか。
サッちゃんは暗室。現像タンクを林君が洗わないで返却していたと怒る。
〈八〉昨日の付出しは、コック・オ・バンとフランス料理できめたが、今日は鶏もも肉の唐揚げ、空豆、ほうれん草のおひたし、だ。
トップの客は川崎さん、次はフミちゃん。次は元東京タイムスの後藤さん(中川六平の先輩)をつれた日経の浦田憲治さん、次は同僚づれの杉村さん、髪の毛の薄くなった井上章一さん、カゲロヲ、Kei-k、シンちゃん、山本さん、琢ちゃんグループ。最後の山本さんは、4時前までいて、イルソンの壮行会話をする。先週の土曜日〈ろくでなし〉でルパンといたのは、山本さんという。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/22(火)


リビアでカダフィ大佐が顔を出し、反政府デモを空爆。日本はパンダ到着さわぎ。
1:00〈ほ〉着。ちょうど林君が起きたところ、サッちゃんの記事の掲載紙とどく。
京都の近代建築物で何か思い出深いものはないかとM氏にきかれる。
ほんやら洞はヒマすぎる。暖くなったら、10時からオープンしたいが、林君はアテにならない。マンガ喫茶に泊ったり、京都生活の最後を満喫したいようだから。出勤途上、河原町蛸薬師のジャンカラに入ろうとするジャン君(ジャン・フィリップ・トゥーサンの息子)に遭遇。水・木に行けないが、そのあとに行くという。一緒にカラオケに行こうという。
〈八〉も最低だった。青ちゃんが、とにかくキレイにしようといってくれるのはありがたいが、それ以外の魅力も不足しすぎ。
タケボーから青ちゃんへ直かにtel。「今晩は〈八〉に行けなくてご免」
客は、おっちゃんとしかさんのみ。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/21(月)


考えたり、部屋のそうじをしたりで眠れず。
11時、関西電力に料金3万強支払いにいく。定休日だが、日銭ほしさにオープン。ちょうどオイタさんから開いているかとtel。YESと応えたが、オイタさんなかなかこず。
〈ほ〉につくも、林君のバイクなし。夕べは店に戻らず、飲みにでも行ったのだろう。
昨日、永澄氏が、SさんとYさんをくっつけたのは、カイさんの唯一の善行だねといったが、そう見るむきもあるのか。彼は、「それにしてもYはSのどこが気に入ったのだろう」と怪訝な表情をみせる。
〈ほ〉の大家の代理人からtel。大家は大手術をしたので、金が必要と、こっちが家賃を下げろというのに先制をしかけてくる。
京都新聞出版センターにtel。才田さんが出て、当方がセンターに借りがあるという。処理するしかあるまい。10年前の話。
夕方、祇園円山散歩。岡林院の寺前浄因さんに会う。先日、澤田石材店の大将と話題にしていたのを忘れていた。
「建物が語る日本」(6)では、共同の清水正夫さんは安藤忠雄の茨木の教会を取り上げている。
〈八〉昼、フランスで父の葬儀を終って、帰洛したシルヴァン&佐枝ちゃん来店。「Streets of Kyoto」の仏訳を頼む。タケボーの噂をしているとくる。今日もCD持参。やがて、オイタさん。マヤさんを呼ぶ。後に、タケボーとの小争奪戦を展開。オイタさんは、森岡歩美さん&マヤさんにごちそうし、八そう跳びすらできそうだった。明子さんが「サッちゃんはカッコウいい。カイさんを支配しているなんて」とタケボーに言ったという。吉本さんは仕事相手と。しかさんはラスト。
九州の姉、今年の暮れ、フランスにいっている間、月に一回、3、4日、大分に定期診断に戻る金が出るのならば、店を手伝うとtel。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/20(日)


パリ・ハガキ、電子本よりも、パリ展(日仏)よりも月曜社を仕上げることが急務。
これさえ出れば、手足を落されてもなんとかなる。月曜社の四切プリントは4月にでも自分自身でやる覚悟はついている。
福山さんはほんとうによく働いてくれる。
永澄氏の顔は、3ヶ月ぶりに見る。げっそりしている。
林君は、昨日、よるちゃんの仕事ぶりをだらしなく見ているのを注意して、この見解は自分だけのものではない、コトバづかいもちょっとオカシイゾといったのが、彼を傷つけたか、5時すぎまで起きてこず、ちょっと履歴書をつくってきますというので、何時間後に戻るのかときいたが、わからないという。ま、夜は青ちゃんがいたからいいのだが。
サッちゃんの個展、一週間延長。
ジェローム・ブルベス氏の新作のため邦楽の演奏家をさがしていたが、もう終わったときく。役にたたなかった。
東京のナッちゃんよりtel。明日、印画紙を送ると。繁田君は〈ほ〉展できないかとも打診。加藤登紀子さんを紹介してくれと。
九州にtelしてエクサン・プロヴァンスのことなどを喋るのだが、どうも死の世界にむかってしゃべっているような気がしてならない。
〈八〉オープン早々、萩原朔美さんに空手を習っているという美女2人来〈八〉、散々飲んでいく。小林真由子(9.19、博報堂プロダクツ)と画家で、明日から2週間、大阪の不二画廊で個展をひらく山田ちさとさん(6.13)。山田さんは、とても50才とは見えなかった。
谷川渥さんの仲間だ。
あとで、タケボーと府立大眼科のいささかケンカっぱやいジョン先生がきて、女性を軸にケンカとなる。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/19(土)


疲れとれず。
やっぱり、しおどきだ。
3/3から3週間、よるちゃんもいず。
緊急にバイト募集。
月曜社の書き下ろしができて、いまの状況だったら、〈ほ〉は誰かにまかせるか、やめる。残り10年ないと思う。
日仏のマガリさんよりメール。
仏西部のラ・ロシェルで2012年に日本映画祭とからめて、日本の写真家一人よびたいといっているが、興味あるかと。
もう、店をやっている場合でないので、できるのならいくというつもり。
田中国男さんから、武村雄一詩集「踊りすぎないでおこう」(はだしの街社)恵送さる。
エチオピア研の田中君来店。近況をきく。
彼的には、結婚はうれしい限りで、自分はフラフラしていると思われがちだが、自分が固まると、逆に先方があれこれ迷っているようだと。田中君とKさんが一緒になり、京都にいるのならば、ほんやら洞をKさんに任せてもいいと思っている。いや、それがベストに近いと言明する。
そんな話をしながら、サッちゃん、田中君と3人で〈八〉へチャリでむかう。
〈八〉には、堀口さん、明子さん&タケボー、川井遊木(京都近美、10.29)、枚方のギャラリー経営の中山老人が待っていた。堀口さんは東京到着後もtelくれる。京都新聞出版センターが、電子本化にむけて、版権問題をどう処理するか―これは当方の宿題―という懸案あり。
草間夫妻、三橋遵夫妻、柳田先生(?)らがタケボーが明ちゃんのために演奏しているところにきて、大いに喜ぶ。タケボーにこんな才能があるなんて知らなかったと、投げ銭する。一行のなかに岡山の美術館の学芸員がいた。80年代後半洛北高生だったのに、ほんやら洞の名を知らなかった。その時点で、〈ほ〉は、そんな存在だったのか。ただ、バナナジュースのおいしい店があったといった。そう〈ほ〉はいわれていた。
元ろうきんの藤さん、タクちゃんらくる。タクちゃんのイダキと、タケボーのギターのセッションもある。投げ銭トラブルあり。フジグループが、この投げ銭をのみ代として払ってかえり、タケボーには一銭も入らず。しかも、〈八〉としては、タクちゃんが皆の分を払うのかと勘ちがいして、安くしてあげたのに、変なカンジになる。サエちゃん、マルク他もくる。
マヤさんがきて、樽家さんとタケボーの争奪戦まで出来。ヨゼフ、ナライ、長谷川ゆかり&森岡、四国中央市の鈴木さんもくる。
10人入れるかとtelがあり、30分後にどうぞといったが、だれもこず。ひょっとしたら、真実さん、小栗栖さんグループだったかも。
争奪戦を見守っていて、おそくなる。
何十年かつづいたバレンタインのチョコレート。今日はじめて○。欲しいわけではないが、そういう機がきた。次の動きをとるのが急務。
ゆかりさんの弟子の森岡さんが、その代わりでもあるまいが、団子2つくれる。ひとつは有里ちゃんにあげる。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/18(金)


久しぶりにゆっくり眠る。
堀口さんがきて、京都新聞出版センターに電子本の件でtel。21日に持ちこし。
エクサン・プロヴァンスのMEJANES文化センターのゾラ・ギャラリー展が12/6~1/14と正式決定とtel。費用はすべて先方もち。こんなうれしいことはない。
〈八〉に堀口さんが、「キーコ」でごちそうした後にくる。タケボー、奈良井さん、ジャーマン、朴ちゃん、ディラン・グループのみ。3時閉店

このページのトップへLinkIcon

2011.2/17(木)


11時起床。ルネにいき、写真集「路地裏の京都」2冊、「夢の抜け口」と「京都の子どもたち」各1冊かって、出勤。堀口さん来店を待つ。堀口さんからレーモン・クノーの「文体練習」もらう。
夜、「味処 伏見」にサッちゃん含め3人でいく。多津さん、伏見もひまという。
〈八〉有里ちゃんが働いてくれたが、9時までもゼロ。そのあと、タケボーがきただけ。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/16(水)


泡盛のせいか、ぐったり。
ママチャリをかう。6300円。27インチのチャリの後に荷台をつけてもらったら、¥12000という。次は、これでいく。
〈ほ〉有里ちゃんが友人とくる。ダグラス・ラミスの近著「要石:沖縄と憲法9条」(晶文社)をめぐる記事(京都)あり。東京や九州に沖縄にある米軍基地をもってきたらどうだ、とか、弱いとされるフィリピンですら米軍基地を排除できたとも指摘していると。
キレイな韓国人の絵の修復師と小一時間喋る。
BFはイタリア人で能をやっており、現在はイギリスにいるという。まだ、両親には彼のことを言えないとも。
有里ちゃんとサーヤさん(1/23生)のちょっと面白い写真を撮る。サーヤさんは、インディーズでCDも出していると後できく。
〈八〉長谷川さん、川崎さん、45S&カナちゃん、カゲロヲ、タケボーのみ。
家で、6時半までプリントさがし。眠れなくなって、洗濯をし、入浴後、やっと9時まえにねる。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/15(火)


ぐったり。痔疾。
魚住さん来店、大量に写真集をかってくれることになるジョンブル(三条堺町)の方同伴。
魚住さんも買ってくれるわ、持参シャンパンをごちそうしてくれるわ、さらに、〈八〉まで4人できてくれる。ジョンブル氏「われらが仲間」も買う。
〈八〉鹿さん、タケボー、オイタ、朴、趙君、一成&野上氏来店。イルソンは新聞社をやめて、フリーになる。野上氏、生前遺作集をかってくれる。
かえり、「村屋」

このページのトップへLinkIcon

2011.2/14(月)


疲れ果て日中、家にいる。
〈ほ〉休み。アサリちゃん、hpのために来店。〈八〉はマヤさんが着物でスタンバイするも荻野晃也さんのみ。アサリちゃんもあとで。
荻野さんは、川中不動、富貴寺、田染、真木大堂、龍願寺、文殊仙寺などにいってきたという。荻野さんは、見てない国宝の寺は三つのみという。
こんな風では、〈八〉も〈ほ〉もやばい。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/13(日)


いまいち。
パークスの祖母、山森都代子さん(梨の木旅館)が舞妓さつえい会で入選したといってくる。
オスロ大のディックは、今年、一年は京大で教えるようで、また、シーボルトハウスの館長がさらに替わるらしく、来年の個展計画は、やや流動的という。
汀子さん&タカさんは、サッちゃんにデザインの仕事で資料をもってくる。
〈八〉水上勉さんを偲ぶ会がらみの胡さんからtelがあり、3人の女性と来店。まなみちゃんらだ。東北芸工大の白杉先生の紹介で、佐藤那美さん来店。映像専攻で、エマニュエル・ギベールファンという。
1年半ぶりの草葉裕さんは、母を亡くし、この間、3日に1日の割で高知に行っていたという。村田真一氏も久しぶり。タケボーは3枚目のCDを焼いてくる。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/12(土)


調子上らず。
北白川追分町あたりで昼、ラーメン屋をさがすも、土曜のせいか、みつからず。
「音読」の土門蘭さんらとの約束に少し遅れる。
夜客はからきしダメ。青ちゃんにパン耳を揚げてもらい、伝票整理もすこし。
9時前に〈八〉にいくと、例によって馬渕が騒いでいる。ほとんどビョーキ。となりに松ちゃんもいた。撃退す。可能涼介を〈八〉につれてきた俳人も奥さんといる。奥さんは、αステーションに勤務。あと、新谷さんの母とこの旦那さんが知人と判明。
徳さんが「アイサツ」に来店。アレコレいい、タケボーからKちゃん行のタクシーに送り出される。あとは城陽の地図屋さんがきて、泊っていく。編集者のハマちゃんも本領発揮。タケボーが女性としてハマちゃんに接する。
終わったら、4時をすぎていた。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/11(金)


ずっとトーマス・エジソンの誕生日は4/18と誤解していた。実は、今日。
〈ほ〉にうっかり、tel用ノート持参するのを忘れる。
島さん、はやくも2時に酒をもちこむ。
3年ぶりに7/1生の田口沙織さんが来店。システムエンジニアの仕事で、よく外国に行き、高給をとっているという。元、同大のカメラ部なので、〈ほ〉で個展をやらないかという。
6時より、サッちゃんのパーティ。
期待していた小山鉄郎さん、ジェローム、森恭彦さんらはこず、読売の記事も間にあわず。辻本洋太朗さんは珍しく顔を出したが、不機嫌なのか、ほとんどだれとも喋らず。
おでん、焼うどんなどをスタンバイさせていたが、必要なかった。シルヴァンは父を亡くしフランスに帰っていた。タケボーのギターに有里ちゃんが感動する。逆にタケボーびっくり。島さんはちょっと白け気味で、2階にいく。浅利ちゃんは、マホちゃんに事故あり、来れず。子どもを入れて40人以上の盛会だった。連絡すべき所で、連絡できなかった人物、約10人あり。
島さんは、南、うえきもと常きげん、開運など5本差し入れしてくれる。ブルーデルさんはクロワッサンを30個。
10:30〈八〉に移動。〈八〉も20名でいっぱいになる。「ろくでなし」の客が2人、ミルトンの他、岩波書店のS氏が直井里予さんを同伴。アジアプレス・インターナショナルに所属。故・佐藤真氏に私しゅくしたようだ。著書「アンナの道」をいただく。HIVに感染した二つの家族の日常を描く本書以外に同タイトルの映画をひっさげて入洛。明日、ひとまち交流館で上映し、他の映画監督、写真家との座談にも出席するというが、生憎参加できない。
S氏から前から話をうかがっていた写真集大塚幸彦「うみのいえ」(岩波)と西野嘉憲著「石垣島―海人のしごと」(岩波)もいただく。
満席で、ゆっくりお話をきくことができなかったのは残念だが、美女写真集用に直井里予さんをASA100のフィルムで撮影。
朝まで、ワイワイやる。〈ほ〉にこなかった朴ちゃんらもくる。
〈八〉4時まえにおわる。最後は、島さん、オイタさん、カオリちゃん、サッちゃんとともに大豊ラーメンに行く。カオリちゃんに恋愛の進展をきく。カイさんが、いいといってくれないとダメ!!という。
軽く背を押したが、一抹の不安はぬぐい去れない。でも、キッカケはどうであれ当人たちのことだ。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/10(木)


吉田孝光さんも久しぶり。
原稿かけず。脳がいかれているかも。上島でジャーマン&パクカップルに会う。2人は京楽がえり〈八〉にくる。京楽に水田さんがいたという。
夷川の福さん、例によって楽しげにくる。川崎さんは、土曜日にDさんに会い、腰を痛めたという。
杉村さんは、評議委員と学長をつれてくる。学長は、〈八〉はもっと恐いところかと思っていたという。記念写真を撮ってくれというので、とる。一枚では、杉村さんはピースをしている。杉村さん、キミがオレの「はなかみ通信」誌上のエッセイについてクレームをつけているのはどういうことかという。
Pちゃんは、大阪の友人が優秀な女性とあわせてくれるとうれしげ。司法書士のいない地区にいけば、未来は年収600万円が保証されている。旧の女性の知人にあったら、皆歳をとっているのにびっくりしたという。彼よりかなり若い女性が。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/9(水)


体調すぐれず。体力減退。原稿すすまず、パリのネガ整理のみ。
〈八〉浅井潤一さん、久しぶり来店。天然石の本をつくったと持ってくる。
タケボー、今日も吹き込んだCD持参。
ワイン5本を背負って帰っただけで、肩にくる。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/8(火)


超ひま。
林君から、東京の両親のお土産の「東京バナナ」とラスクをもらう。
森さん、サッちゃんの〈パリっ子〉展取材にくる。
神戸の魚住さんより15日くるとtel。パリのポストカード計画あり。
夕べ、カゲロヲの店、横ちゃんの店にいく。〈ほ〉一日あけて、客2人のみ。〈八〉青ちゃん、ブッキングを忘れて雨のなか、9時にくる。
徐勝さん、ミキハウスがえりにきて、ケータイを忘れてきたといってもどる。酒はカイのおごり。オレは2/13に退職パーティがあるが、こないのかというも、こっちは全くきいてない。知花昌一もくる、だれだれもくるという。崎山政毅氏の消息をきく。
ガリバー、安土修三氏くる。3月下旬より石山寺に住むことになったとうれしそうだった。
タケボー、ディランの歌など吹きこんで、焼いたCDもってくる。青と胡蝶蘭にのみにいく。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/7(月)


〈ほ〉休。
林君は、両親と三島亭にいったらしい。
〈ほ〉は当面、おもしろいアーチストなら、レンタル代なしで貸し出すつもり。
リカマンで、ワインためし買いする。
〈八〉しかさん、吉本さん、白沢さん、樋口マヤさん、坂本唯さん(東京の文化学院生で日帰り客)。
タケボーが初めての名刺ができたともってくる。
オッちゃんはくるなり、奈良井さんのボトルを捜すが、なし。
鹿さんは、美女本をつくるのなら、ウチの女房をよろしく、という。吉本本だからねえと応える。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/6(日)


3日間行方不明の原稿でてくる。
「京都ぴあ」の男、「Streets of Kyoto」かう。
〈八〉茶店から戻ると、イスタンブールの坂部さんが男友だちとくる。コーキちゃんは?タケちゃんは?という。一睡もしていないというタケボーがきて、やがて、Kei-kもくる。2人は3h後、他にのみにいく。
同時代でグループ展中の信楽の陶芸家、女の子3人をつれてくる。そのなかのひとりは、数年前、六曜社で働いているナナちゃん(観音寺出身)につれられてきたことがある。4時半までいる。十数年ぶりの河合塾のモリモリの友人もくる。出ていかないので、ほっていく。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/3(木)


やっと、暗室(家)の家賃入れる。「カードが北陸に行っていた」ことになっていた。
落合氏来店。バプティスト病院に日高六郎氏見舞いの帰りで、恵方巻くれる。
H、久しぶりにくる。新聞のコピーをわたす。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/2(水)


青ちゃん、サッちゃんとで巻寿司をつくる。
中村勝さん、チャンマキくる(2人は、「と夢」に行った後、〈八〉)。
〈八〉は、ハセ川さん&京子さん、タケボー、川崎さん(助けてもらう)、桑原さんのみ。
村屋にもたすけてもらう。

このページのトップへLinkIcon

2011.2/1(火)


林業女子会のパンフ「fg」できる。これに、ぼくの、ちょっとだけど、ボケボケ写真がでている。
〈八〉ナディアがくるかと待ちかまえていたが、こず。ジェローム、タケボーも待ったかな?しかさん、紀井さん、ゴットン、岩本氏。
渡辺琢ちゃんの新刊本の表紙カバーはどれがいいか、皆であれこれ言う。

このページのトップへLinkIcon

 
ho_sachi_kaiをフォローしましょう

★無線LAN導入

ほんやら洞店内で
Wi-Fi(無線LAN)無料
でお使いいただけます!
(要・機器持ち込み)

開店時間のお知らせ

これまで閉めがちだったほんやら洞ですが、今は毎日 昼12時〜夜10時まで 開店しています。(日替スイーツや、アルコールも有り)
1階壁面はギャラリーとして、2階スペースはイベント・ライブ・勉強会・各種教室にもご使用になれます。

Twitterはじめました

LinkIconhttps://twitter.com/ho_sachi_kai
フォローおねがいします!

甲斐アシスタントSのブログ

http://sachi-pas-a-pas.blogspot.com/
パリ同行記etc.