ほんやら洞・甲斐扶佐義 HONYARADO/KAI FUSAYOSHI's Web Site

 
カイ日乗 5月

2012.5/31(木)


〈ほ〉8時OPENもむなし。
かき氷はありますかという冷かし客のみ。〈ほ〉通信バックナンバー(000~014号)一律40円のポスター貼り出す。
京大マリーン以外、ほとんど客なし。
〈八〉D君がプリントを買ってくれて救われる。島さんにも応援してもらう。チー&アサリくる。ルパン&アサヒに2回あったという。深夜、ルパンひとりできたので、サーカス女性の話をする。シェアの話。

▲ ページトップへ

2012.5/30(水)


〈ほ〉開店40周年記念日。4、5年前も坊主があったが、今日もそうかと思ったが、客は10人。
やはり営業努力が足りない。
カズオ・イシグロを読み耽ける。
はやく生活の幅を小さくして、はやく他人様に迷惑をかけない日々に戻らねば。
〈ほ〉客10人、〈八〉客8人。
救世主よ、出でよ!
朝7時まで、〈八〉にいるも空し。
今日から、〈八〉半年呑み放題5万円、13月呑み放題10万円を実施!アイス代はいただく。今日のところ、希望者なし。

▲ ページトップへ

2012.5/29(火)


昼まえから通り雨、3時半にも。
客ほとんどなし。ネガチェックと〈ほ〉の片付け。
〈八〉も同じ、仙台からの客とシカさんのみ。
屯風にフライヤー持参。

▲ ページトップへ

2012.5/28(月)


40人に6/3のパーティ案内の封書を送る。とくたろうのGFの保護鑑察医来店。藤沢にいる今村浩太君くる。三宅勇さんの友人。かつては吉田拓郎、いまは岡林信康のカバーをうたっている女性同伴。
〈八〉仙台からの2人客、8時にきて入れず、9時に出直し。ひとりが美女写真集買う。
京大の防災研の先生、府職員同伴。撮影。白川砂というのは、土砂くずれの砂と教えてくれる。大きな地震があると、浄土寺、岡崎の北あたりは危険という。
高田さん、しかさん、琢ちゃんのみ。
レコレコにフライヤー持参。
防災研の先生から、パリの保険の問題、はやく弁護士に相談しろといわれる。

▲ ページトップへ

2012.5/27(日)


昼、やっと開ける。2~3組は逃がしただろう。
崎山政毅グループが2Fをつかってくれる。
夜、ロジェが「ああ、まだ、ほんやら洞があってよかった」という。
6月にプリントで個展「これが有って、これが有る」展をやるHASEさん(7/19生)、バイトします、といって、かえりしなにご免。
〈八〉超ひま。しまさん、Kei-k、タケボーのみ。大ピンチ。

▲ ページトップへ

2012.5/26(土)


朝まで三条の食堂で眠っていた。
琢ちゃんのパーティに道にまよいながら行く。喋べる心構えでいたが、おそく行ったせいかおハチは回ってこなかった。スペインのサーカスにいたという32~3才の女性、パン屋をひらくスペースさがしでくる。ルパンに紹介するつもり。浮田君、クボマリとくる。久々、一週4日来店のニュー・フェイスだ、浮田君は。また、〈ほ〉で35年前バイトしたホッスン(後にUPUの幹部星野芳郎の息子)が10年前に自殺したときく。原宿倶楽部には渡辺浩平、正津勉とともにきてくれたのがさいご。
おそくまで和見がいる。
加藤典洋の吉本隆明の角遂(?)やはり、おもしろい。

▲ ページトップへ

2012.5/25(金)


朝から、ジーンズ、靴買い。ガケ書房、エグザイル、一乗寺惠文社へフライヤー(6/3パーティ)持参。
オイタさん、スキャン・ネガをもってきてくれる。
深夜、佐枝&シルヴァンがジャン・トゥーサンとくる。ジャン君が結婚に関する悩みを開陳。ジャン君の映画にコメディアンとして登場してほしいとたのまれる。OK。シルヴァンの大学で今秋「伝統の再生」について講演しないかと打診される。もちろんOK。

▲ ページトップへ

2012.5/24(木)


電気代を支払わねば、止められるので、慌わてて、営業所に行く。
〈ほ〉京大マリーンくらいのもの。HATAOが北海道のアスパラをもってきて、今晩、小樽の友人6人を〈八〉につれていくという。
きたのは10:30、他はティル、ディラン&ロイ、岩本、ナライ、岸野。

▲ ページトップへ

2012.5/23(水)


8:30〈ほ〉オープンしたが、1hでめげて帰宅して寝る。
今日からジャージャー麺と麻婆なす丼をランチで始める。
変な夢。オランダにいて、ディックの家に大きな犬をかかえたままチャリでいくシーンと「京楽」みたいだけど、マキちゃんより年輩の長身の美人のママがいて、もうひとり目立たないバイトがいるのに、そこに、妙齢のパートの女性が登場した。だれも彼女の正体を知らないのに、ぼくが、あなたは「マルサの女」にでていたでしょうといったら、当っていた。市川森一の嫁だったという夢。
〈八〉には、8時前に小岸さんがきたとアサリちゃんからtel。30分後につく。落合さん、素人社の楠本さんも一緒だった。マラーノ話に花が咲いていた。グラバー邸のグラバーもユダヤ人だったとの徳永恂さんの話も出る。長崎は不思議なところとも。天草四郎は干々岩ミゲルの子供との市川森一説を紹介し、市川の「幻日」を楠本さんに売る。インドの本を小岸、甲斐、細見、徳永でつくれないかという話にもなる。ジャーマンがきて、ナカイケイコ論になる。ジャーマンは床にくずれ落ちて寝ていく。

▲ ページトップへ

2012.5/22(火)


就活中の愛子さん(12/31生、日本画科)という美女来店。〈八〉バイトに誘う。来週来〈八〉。
原稿書きの手をやすめ、「幻日」にはまる。反省。
それにしても、〈ほ〉〈八〉ともに客少なし。
〈八〉トップ客は科研費でのマラーノの足跡を訪ねる旅につれていってくれた小岸昭先生。この夏にお孫さんんが7人になるという。
次の客は、井上章一さん。いわずと知れた美人論など多くの著作をものにしている建築史・風俗史家。6月3日のパーティにも参加。
次はシカさん。それで終わり。銅銀正美さんよりKSKQバリアフリー・ネットワーク6月号をもらう。
7時まで店でねてしまう。

▲ ページトップへ

2012.5/21(月)


金環日食みれず。
浮田寧子さんをつれて、哲ちゃんくる。彼は、3日連続。寧子さんは、84才。来〈ほ〉3回目。旧姓が大分の甲斐なので親しみをもってくれている。
市川森一の「幻日」をよみはじめる。
本屋で堀江敏幸さんの写真集「たまに腕時計をみるとき」だったか?
6月3日のほんやら洞の創立40周年パーティの日に、京大西部講堂では、パンタ(頭脳警察)のライブとパレスチナからのLeila khaled、板垣雄三、鵜飼哲、足立正生の講演。
ノートルダム大では中村哲氏の講演会。
福岡に住んでいる大分市出身の女性がきて、猫と美女写真集をかってくれる。
〈八〉T君トップ。K嬢とうまくいっている。でも1ヶ月5万円で生活せねばならない窮地と。鹿さん、近々パーティのイダキ奏者。2人とも平服と思っていたが、プレッシャーで立派な身なりする由。
〈八〉にひっくりかえっているところ、青人社来店。平凡社社員の給料が10%カットとの話題。
また、ネガをみていて、そのまま眠る。
HATAO、MOE、少年、少女が登場する変な夢をみる。少年を背負って高い屋根から降りるのに、死ぬ恐怖を味わう。

▲ ページトップへ

2012.5/20(日)


バイト候補こず。
浮田氏、11時。水無瀬氏はあとでくる。
「毎日」の書評で興味深いもの3冊あり。
500円均一の写真集がよくうれる。大学横断的サークル「コスプレ研」(?)の面々くる。中村勝さんも河村さんと。逝江省出身の同大留学生沈霊さん(6/10生)も。
〈八〉9時に入ったら閉っていたのでびっくり。すぐにアサリちゃんがきて、ひと安心。
松ちゃんは帰ったかも。カゲロヲ、ルパン&アサヒ、Kei-k、段ちゃん。
暗室。

▲ ページトップへ

2012.5/19(土)


パリ写真集のためにプリント整理。サッちゃんの写真集用のプリントもチェック。
〈八〉浮田哲ちゃん、早大の同級生の祥伝社の新書担当の編集長代理、水無瀬尚氏のファミリーと来店。女性目当ての客は、女性を求めてさまよう。
京楽、ろくでなしに行く。屯風、レコレコは閉っていた。

▲ ページトップへ

2012.5/18(金)


朝方、突風あり。
竜巻襲来かと身構えたが、さにあらず。
午前中はネガ・チェック。
〈ほ〉シンガポールとアメリカからの観光客のみ。バイト希望者もあるが、話があわず。
日高六郎さんに山中英之氏が昨日、会えたか気になっていたので、tel。会えて、長時間話ができた由。
いつもくる同志社のドイツ人の先生に、昨年、サスキア石川先生に教えてもらったが、忘れてしまった、ヨーロッパ屈指の古い芸術家村のある都市名を教えてもらう。WORPSWEDE。教えてくれた先生も、ここで写真展をやるといいねえといってくれる。
上御霊祭、例年通り、5時前後に通過。今年も御輿かつぎがトイレを借りにくる。
〈八〉しかさんは、今日のTwitterにつられてくる。石原君、ハヤカワ文庫の「都市と都市」がおもしろいよ、読んで!といって眠る。段ちゃん、オムちゃん、おっちゃん、おいたさんどまり。
女性客を渇望する客多し。
暗室。

▲ ページトップへ

2012.5/17(木)


午前中、ネガ・チェックに布団干し。
日高六郎、暢子さんよりTel。外出したいので付き合えと。出れないので、京都新聞の山中さんに代わりをお願いする。山中さんは会いに行ったが、身元証人の許可がないと外出できないと言われたと山中さんからTel。
アラブ音楽、堂味裕司ウードコンサート(堺町画廊5/22(火)19時~)のDMくる。これはイラク―不死鳥をたずねて―バグダートの現代アート―展(5/22~5/27)の一環。
与論島に行ってきたナッちゃんに頼んでいた本が2冊きた。
・南日本新聞社編「与論島移住史―ユンヌの砂」(2005、南方新社)、井上佳子著「三池炭鉱『月の記憶』」(石風社)
そういえば、南方新社の社長の向原祥隆さんが、来月、反原発をかかげて鹿児島県知事選に出馬すると夕べ聞いたところ。
〈八〉おっちゃんの後は、大工の長谷川ヨゼフが、新潟の飲み屋であった男とそのGF(来週から青幻舎キンム)、自分のGFとくる。
ヨゼフが、大山崎の陶彫家(?)の山崎さんの息子と同級生ときく。

▲ ページトップへ

2012.5/16(水)


10時半起床。
葵祭が河原町通を北上する前に〈ほ〉入り。
中村勝さんとの共著「ほんやら洞と歩く―京都行きあたりばったり」(淡交社)を岐阜の図書館で借りて葵祭を見にきたという40代半ばとおぼしき女性来店。〈ほ〉を偶然発見したとかで、またこの本をよく読んでから来るという。
京大の図書館の大月さんに百万遍で会い、6/3〈ほ〉40周年パーティの件伝える。
イタリアの総領事、マリオ・ヴィッタリー二さんからイタリアの建国記念日(6/4)パーティへの招待状届く。着ていく服があるかなあ。岩本敏朗氏が自分が栽培した綿をつむいで反物にして仕立てたスーツを着てきたのには感動する。氏は進敏朗名で「水辺の憩い」というブログももっているというので、覗く楽しみが増えた。
朴ちゃんから親戚のお通夜帰りの土産話(?)を聞く。どこのだれにも親族に以外な人物がいるものだ。
オイタさん、またスキャンのネガを持ち帰ってくれる。
月曜社の神林氏より、もっとネガを見せろとTelあり。

▲ ページトップへ

2012.5/15(火)


8時半起きたが雨だったのでゆっくりする。
葵祭順延。手づくり市はやっているようだった。「虚無思想研究」に井上美奈子論を書いたという、おっさん来る。
A’の西京高の同級生の姉(来年、同大経済の院生)が友人と来た。弟さんが、よくA’の家に行っている由。
月曜社にCD-R送る。このなかに40~50点使えるネガあり。
ブラッサイの「写真/プルースト」(岩波)を久しぶりにめくる。序文はロジェ・グルニエ。
いつもくるドイツ人の同大の先生が、ポストカードを学生に見せたところ、それが戻ってこなかったと話してくれているところに、ドイツ人の学生3人がやってくる。
本屋を冷やかす。「文学界」には、コリーヌ・アトラン司会の座談会あり。平野啓一郎、堀江敏幸、角田光代、江國香織出席。白水社からの作田啓一さんの本、冒頭に夢野久作論を持って来て、大量無差別殺人を論じる。
帯文は大沢真幸。高畠通敏の「政治学への道案内」が文庫になっていた。35年前の高史明さんとの会話で、氏は高畠と久野収をくさしていたのを思い出す。
〈八〉今日も11時近くまで客なし。やがて朴ちゃん、ダニエル&吉田寮の中国女性。1時にしかさんとシアトルのマットさん。
閉店は3時。

▲ ページトップへ

2012.5/14(月)


渋谷和子さんよりグループ展の礼状届く。達筆。埼玉県のハトガヤ中の修学旅行生6人来店。撮影。後藤(嗣人)君久しぶり。
パリのN氏、今晩東京へ発つという。Gの存続問題あり。
〈ほ〉〈八〉ともに暇。疲れて何もできず。
〈八〉をはやく閉めて、屯風、バー探偵を覗くもどちらも閉っていた。
ネガをチェックしながら、寝崩れていた。

▲ ページトップへ

2012.5/13(日)


29年前、おとなりの洛陽書店と〈ほ〉でバイトをしていたという、現在名古屋で「バーデン・バーデン」を経営中の佐藤君、21歳のGFを連れて、里帰り(?)当時バイト全員時給500円でひとり週に20時間以下労働という条件だったという。
ボルドー大の政治哲学教授、Serge氏、梨の木旅館に泊っているらしく、2度来店。ガタリの友人とか。奥さんは、マドリードの大学の図書館で研究中。来年一緒に来たいという。
一ヶ月後、自分の本をフランスから送るとも。
〈ほ〉〈八〉ともひま。
〈八〉Kei-Kが来て、ひよこちゃんがいて、4時に閉めますという。
家で9時までバタンキュー。
昼まで起きれず。

▲ ページトップへ

2012.5/12(土)


脱力状態つづく。
〈ほ〉〈八〉とも、こんなにひまではどうしようもない。6/3〈ほ〉で〈ほ〉開店記念パーティのポスターを〈八〉に貼る。サッちゃん、プリント。
資格基準にUちゃん、わずかに足りないが、ルパン、ミルトン、ナライさんなど支援者来店で目をつぶる。それにしても暇。

▲ ページトップへ

2012.5/11(金)


8時に起きて下に行くとHがいる。
〈ほ〉9時半オープン。10時5人来店。
ネガ・チェック。
〈八〉HATAO。作家としての姿勢の是非を論じる。

▲ ページトップへ

2012.5/10(木)


昼、オーストラリア人、アメリカ人の客のみ。
パリの畔奈さんにメール。
月曜社にCD-Rを送る。
原稿書き、ネガ発掘にもう少し頑張り、サッちゃんにはパリ写真のプリントに励んでもらわねば。
永澄氏が今月、スタッズ・ターケルの生誕100年だとTel。また四条河原町近辺で20人くらいの勉強会のできるところを知らないかと。
昨日から九州からの在原某の歌云々の問題は謡いの「松風」で解けるのではと思う。
有馬敲の「座談 詩と青春と歌」をめくって、ひとつ発見あり。
彼は〈ほ〉でできなかったせいか、年譜での〈ほ〉で関わった歌手の扱いが案外ぞんざいだ。仕事全体としては貴重だし、大綱をうっているが。こと〈ほ〉に関しては弱い。それは中山容さん、片桐ユズルさんに頼り切ったという面が裏目に出たのだろうか。でも、岡林信康は、最初期は「くそくらえ節」「がいこつの歌」という風刺的な歌を歌い、「アメリカちゃん」みたいな替歌が中心だったとは、有馬ならではの指摘も光っている。
同志社の社会学の院生などが、ちょいちょい「関西フォークの起源」をめぐって、論文用にインタビューに来たりするケースがあるが、ぼちぼちほんやら洞の動きをトータルに把えるという学者が登場してもいいのでは。もう2、3年もすれば、関係者が次々と亡くなるのでは。
川上隆志「江戸の金山奉行 大久保長安の謎」(現代書館)読了。
ぼくが育った山香と鋸山を隔てて隣の田染まで出てくる。が、鶴成、馬城は出てない。
〈八〉シカさんのみ。

▲ ページトップへ

2012.5/9(水)


家の電気開通のために関電へ。
4月の〈八〉ランキングを見て、がく然とする。オイタさん、ドゥニ、しかさん、しまさん、ルパン、ナライさんが上位6位だ。
夕べのトップ客は京楽の友希ちゃんだった。
「私もカイさんみたいに秘書をもとうと思って、今日ここで、この女の子と面接。この子、飛行場で5年半、書類とにらめっこしていたというの」
そういって紹介されたのは、20代半ばの千葉出身の女性だった。何やら2人で喋っていた。友希ちゃんは店を4つ経営しているという。ぼくみたいに、秘書をと言われても困る。
ルパンに2万円分の本をもって帰ってもらう。バンド「騒音寺」のオカさんがドラマー募集のポスター貼りにくる。
姉から在原行平(?)の肖像と絵つきの歌らしきものが描かれた旗をもうひとりの姉が持っているらしいが、確定できない。そのなかに花押のようなものもあり、靖という字がある。この靖は何か手掛かりがないかとTel。
〈八〉のタケボーがレコード針(5000円)を買ってくる。藤さん、川崎さん、段ちゃん、ルパン、オイタさん、鹿さん、ライブハウスデューイの奥さん、新ちゃんが来て、1時にはみな帰る。不明2人客もある。タケボーのギター教室の生徒の発表会をほんやら洞でやってくれと頼む。

▲ ページトップへ

2012.5/8(火)


8時起床。
9時15分オープン。1時まで客なし。
大家、大家代理人とやりとり。
パリの保険長引きそう。
同志社の杭州からの留学生のSOSENさん、中国のカレンダーをプレゼントしてくれる。
朴先生、中村勝さん来店。
兼先恵子さんのギャラリー小西(5/19~5/27)展の案内くる。写真集「 on reading」何十部買えますかのTelあり。
ショート・ショートもどきの「火車」の下書きをする。
中村勝さんと阪神vs広島戦のラジオを聞きながら飲む。
昨日月曜社が4月30日に出版した森山大道のカラー写真集を見る。今日入金できねば、明日からガス、ストップ。
イライラしながら松下竜一著「小さなさかな屋奮戦記」を初めて読み始める。梶原令子さんの両親が主人公。読んでいると1972年に大分の中津市で火力発電所反対運動が起こっているのに、奇妙な符号のようなものを感じる。〈ほ〉開店早々、室謙二が松下さんに会いにいき、「展望」に「暗闇の思想」を書いたのを思い出す。
ヒマすぎて、「ユリイカ」のバックナンバーで紫村一重の夢野久作論も読む。
中村さん、表ローテのエース、アサリちゃんを引連れて、山科球場へ。
〈八〉黒沢グループ、兵庫グループ、ルパン、しかさんのみ。吉田の家に帰る、電気が止まっていた。

▲ ページトップへ

2012.5/7(月)


10時半オープン。
1時まで客1人のみ。
先日何回か中川五郎にTelするも出ず。嫌われたかな。
同大生の「イマイチ」30部届く。
店のありかたが客のニーズから遊離しただけかもしれないが、この不景気はすごい。
久しぶりに入った本満寺の墓域が広くなっているのにはびっくり。
夜、集会を逃れて、早く〈八〉へ。
7時半〈八〉2時まで営業坊主。

▲ ページトップへ

2012.5/6(日)


今日はマーボナス丼でもしようと思ったが、4時まで客ひとり。H覗く。
〈ほ〉〈八〉とも処置なし。元「図書館」のヒヨコちゃん。
サッちゃん、パリ、プリント。

▲ ページトップへ

2012.5/5(土)


やや寝不足。
昼は少しだけダラダラ入り(家賃、水光熱費程度。人件費は出ない)今晩、土曜なのに〈八〉に客がない場合、再来週から今日のバイトなしにする必要あり。
案の定、朴ちゃん&ジャーマン、松ちゃん、ナライさん、田中君、ディラン&ロイ、段原君のみ。
ユリちゃんに指図していたら、ジャーマンに「小姑みたいなことをいうな」という。エロ話の垂れ流しを止めてくれるなというのか。
皆が帰ったあと、横になっていると松ちゃんがまた来る。
段原君がレコードの針を立替えで買ってくれる。
今日はバテる。帰宅後、ネガチェックしながら眠っていた。

▲ ページトップへ

2012.5/4(金)


7時から何度も目を覚ます。
〈ほ〉途上、中尾、ハジメさんに会う。
バイト、元気なく眠気増す。こんな連休のはずでなかった。休み明けはたちまちピンチ。
〈八〉はさらにひどい。サッちゃん、パリ写真プリント。ネガを見ているときはパッとしないと思っていたが、上がりはまずまず満足。〈八〉八田、松ちゃん、オイタさん、平野千尋さんの友人のみ。オイタさん、ネガ・スキャン分持参。

▲ ページトップへ

2012.5/3(木)


午前中、鴨川、河原町と散策。犬の散歩集団を撮る。
HATAOの息子が家を探してまわるのに出くわす。
マリーンも低調。
樗木さんに任せて、8時15分〈八〉に急ぐ。
ヨ氏が俵屋の佐藤守弘氏と待ちあわせ。佐藤氏とは去年の1月に日仏のパネルで一緒になった。
カウンターはおじいさん、元気のないおっさんに占拠されて店としての活気出ず。

▲ ページトップへ

2012.5/2(水)


樗木さんの好きな作家の尾崎翠の名前をうっかり碧と書いたのを思い出す。何日か前のブログ?ツイッター?
30日のN宅パーティに遠くから参加した女性とS氏が喋り込み、それにつられてN氏もそちらに関心が向いた模様との岡西氏の報告を聞きひそかに拍手。
やっと〈ほ〉のTel代払う。
昨日〈ほ〉2F外側の天井板一枚はがれる。
パーカッショニストの平野千尋さん(9/11生)くる。イタリア人の建築家のファブルも。
〈八〉八田さんがインド話をひとしきりしたあとに入る。八田氏6/15は曲馬館で秋山祐徳太子らとパフォーマンス。松ちゃん、焼酎6杯飲む。チーちゃん、変則ストローメガネでビールを飲む。松ちゃん、久々6杯も飲む。

▲ ページトップへ

2012.5/1(火)


5月早々、苦しい展開。
〈ほ〉に8時に入るも午前中客なし。寒いのか暑いのか分らない。
久しぶりに西山カイト氏来店。〈八〉もひま。筒泉紗和(5/4生)さん、映画評論の柳下氏とくる。


▲ ページトップへ