ほんやら洞・甲斐扶佐義 HONYARADO/KAI FUSAYOSHI's Web Site


honyarado.gif

      *ほんやら洞・甲斐扶佐義のホームページ*


*下記の住所、電話番号は現在使われておりません。
〒602-0832
京都市上京区今出川通寺町西入ル大原口町229
《TEL》075-222-1574
《MAIL》honyarado.kai@gmail.com

イベントカレンダー

ほんやら洞1F壁面は、ギャラリーとして貸し出しています。
*2万円/週(期間は自由です。ご相談ください)
2Fフリースペースは、ライブ、パフォーマンス、講演会、交流会、会議、文化教室など、多目的に応じて貸し出しています。
*基本使用料(3時間以内:3,000円)+お一人様1オーダー以上をお願いします。
*パーティーなど飲食メインの場合は、別メニューでご用意いたします。詳細は直接お問い合わせください。 まずは場所をご覧になり、ご相談ください。

イベント情報

2015年4月以降のイベントは、甲斐扶佐義の新しいホームページよりご覧ください。

■『火だるま ほんやら洞支援チャリティイヴェント』

20150228_urbanguild.jpg 2015年2月28日(土) open 17:00 / start 18:00
(close 21:00)
場所:UrBANGUILD
   京都市中京区木屋町三条下ルニュー京都ビル3F
   TEL/FAX 075-212-1125
www.urbanguild.net

チャージ:1000円 (1ドリンク付き!)+カンパ!!
FBイベントページ

〈出演〉
Kevin McHugh
trace elements (max & ryotaro)
草壁カゲロヲ (VOGA)
KEi-K (alto sax)
and more & more....

ムービー、燻製写真集 格安販売もあり。
21時より、八文字屋にて、二次会。当日のボランティアスタッフ募集!

Kevin MCHUGH(ケビン・マキュー)
1982年アメリカ合衆国ワシントン州シアトル生まれ。ピアニスト・アコーディオン奏者。アメリカ合衆国で最も古い歴史をもつ音楽学校、オバーリン音楽院でジャズピアノとドイツ語を専攻し、DAAD奨学生としてベルリン工科大学で音楽とデザインを学ぶ。2006年にはトマス・J・ワトソン研究奨学金を獲得し、一年間に渡ってブラジル・エジプト・インド・中国・日本の大都市における即興音楽シーンを研究する。2007年から2009年にかけてはニューヨークおよびサンフランシスコを拠点としながら、ジョン・フェファー主宰のバンドCapillary Actionや、トニー賞受賞の劇団The San Francisco Mime Troupeと共にアメリカ・ヨーロッパ各地でツアーを行う。
現在は世界各地を飛び回りながら即興音楽を中心として精力的に活動しており、30近くの国での演奏実績をもつ。ベルリンを拠点とする音楽集団North American Tonal Organizationや、東京を拠点とする即興実験学校(インプロ・ラボ)の立ち上げメンバーでもある。2012年には、国際交流基金からの助成を受け、東日本大震災復興支援のための演劇および短編映画作品に楽曲を提供した。また、最近では、日米の音楽家を結びつけるプロジェクトSeattle Meets Tokyo: Modern Jazz Connectionsの主宰者として、2015年のSeattle 4Culture賞を受賞している。
http://therealmchugh.com
https://www.facebook.com/kevin.connect

■中川五郎ライブ with おもちゃ楽団

20150222_Nakagawa Goro Live.jpg 2015年2月22日(日) 18:00 開演
場所:八文字屋
チャージ:2,000円(1ドリンク付)

問合せ先:090-1021-0881(佐々木)
中川五郎Website:http://www.goronakagawa.com

■第50回プロレス文化研究会

2015年2月21日(土)午後2時〜5時
場所:八文字屋

入場無料(カンパ歓迎)*入場時に、ワンドリンクの注文を!

《講師》小林正幸(社会学者)
「いま一度、プロレス史概説を試みる」(世界プロレス150年史)

■ほんやら洞ブックフェア

2014年12月8日(月)〜
場所:ほんやら洞 2F


00_写真.JPG八文字屋開店満30周年記念のほんやら洞ブックフェア

ほんやら洞、八文字屋には開店以来様々な作家、詩人、エッセイスト、物書きがお客さんとして、店の屋台骨として、出入りしながら、両店を賑わせ、支えてくれました。
その方々の著作の一堂に会するのは、店を経営する者の夢であり、彼岸でもあります。
幸い、甲斐自身が書下ろし「ほんやら洞の青春」、写真集「パリ」、「ほんやら洞・八文字屋往還カイ日乗2014年《抄》」発行にむけて努力中でもあり、「店の彼岸」と絡めつつ、お客さん、両店の支援者(ファン)にも楽しんで頂ける企画を捻出しました。
何かと取り込んでいる矢先ですので、少しずつ実現させて行くつもりです。
今のお客さん、かってのお客さん、元常連の知人の皆さん、ご本人の父、母等々の著作でも結構です。
二つ店が如何に広く、深く、皆さん達と繋がっているか、一度、再確認をしようではありませんか。
第一歩は、12月8日から踏み出します。当分は、遅々とした動きでしょう。
しかし、4月,5月にはあっと言うような企画を打ち立てるつもりです。
いや、それも、まだまだ、序の口かもしれません。
どうか自信作を、楽しい本の数々をお持ち込み下さい。

今月から4月まで毎月最終日曜日の午後、何か楽しいイベントと抱き合わせでブックフェアを開催します。
場所は、まずは、ほんやら洞の2階です。
出展した作品の売り上げの2割は、ほんやら洞改良資金として頂きます。
12月のイベントは、12月28日の餅搗きです。その日まで、ある程度収集するつもりです。
(アイデアとしては、ほんやら洞のオーラル派の詩人達《片桐ユズル、秋山基生、有馬敲》のポエトリー・リーディングというのも出ています)

■ほんやら洞餅つき大会

2014年12月28日(日)
14:00〜
場所:ほんやら洞

会費:3,000円(子供無料)
持ち込み歓迎!
サングリア、ビールは用意しています。その場で餅を食べられます。
*材料の仕入れの都合もありますので、できるだけ早めにお申し込みください。

■新月の上映会

20141222_movie.jpg 2014年12月22日(月)
open 17:30
場所:ほんやら洞 2F

入場無料。要オーダー。
途中退場、飛び込み参加もちろんOK。

《上映作品&タイムテーブル》
18時~
 「サンセット大通り」
   監督 : ビリー・ワイルダー
   アメリカ/1950年/110分
   https://www.youtube.com/watch?v=IMVZHSrFgME

20時~
 「マルホランド・ドライブ」
   監督 :デビッド・リンチ
   アメリカ/2001年/147分
   https://www.youtube.com/watch?v=F3FH_v3X3Xo

一人で映画を観るも楽しいけど、やっぱ色んな人集めて観るともっと楽しい。
っていうわけで、「新月の上映会」ってやつを考えてみました。

第一回の題名は
« 堕天使の街、LOS ANGELES » という題名にしてみた。
幻想の街ハリウッド、大スターの孤独・・・
この二本は映画愛好者にはたまらんはずだが。

■ペルシャ古典音楽の若き継承者 シューレシュ・ラアナーイー ソロライブ

20141116_Ho-live.JPG 2014年11月16日(日)
open 14:00 / start 14:30

場所:ほんやら洞 2F

チャージ:一般 2,500円/学生 2,000円 (+1drink order)

■「アメリカ出版事情、本音トーク」

2014年10月19日(日) 13:00〜15:00
場所:ほんやら洞 2F

参加費:1,000円+オーダー1品以上

【出席の申し込み】
youshofanclubあっとgmail.com にメールしてください。(あっとは@に変換してください)

洋書ファンクラブ

【出席者】
大原 ケイ
アメリカと日本で子供時代を過ごし、英語と日本語の本を読んで育った帰国子女のなれの果て。ニューヨークの大学でジャーナリズムを学ぶ。講談社アメリカや ランダムハウス講談社に勤務後、リテラリー・エージェントとして独立。現在は、日本の著者・著作を海外に広めるべく奮闘中。アメリカ出版業界の裏事情、 NYローカルネタ、日米文化比較に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。

堺 三保
関西大学工学部電子工学科(工学修士)及び南カリフォルニア大学映画芸術学部映画・TV製作科(MFA)卒。日本推理作家協会並びに日本脚本家連盟所属。英米のSF/ミステリ小説、映画、テレビドラマ、コミックスに詳しく、1990年代から批評、翻訳、脚本、小説と広範囲に文筆活動中。最近の主な仕事にTVアニメ『エウレカセブンAO』(SF設定)、アメコミ『シン・シティ 1』(翻訳)等がある。

渡辺由佳里
京都大学医療技術短期大学部卒。ボストン近郊在住。洋書の新刊を紹介するブログ「洋書ファンクラブ」主宰。著作に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コス モピア社)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。糸井重里氏監修の『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』翻訳。ほかにも、小説、 エッセイ、翻訳作品候補の紹介などを手がける。英語圏の作家に会うのが趣味。


【トークの内容】
アメリカの出版事情に詳しい関西出身の専門家3人が、「ここだけの面白い裏話」を自由自在に話します。 洋書、海外文学、SF、翻訳、英語教育、アメリカ事情に興味がある方にとって、またとないチャンスですよ。
トーク後に持ち寄っていただいた本にサインもいたしますので、ぜひこの機会に三人を喜ばせてやってください。

■精華大卒業プロジェクトライブ「とっておきの夜」

20141012_SeikaLive.JPG 2014年10月12日(日) open 17:30 / start 18:00
場所:ほんやら洞 2F

チャージ:500円(1drink)

【出演】古川豪、楠木しんいち、岡沢じゅん、世田谷ピンポン、The Lillies、小林健太郎


■甲斐・浜田の帰国報告パーティ

2014年9月21日(日) 17:00〜20:00
場所:ほんやら洞
会費 3000円 (ベルギーのトラピスト教会のシメイビール、ハム、チーズ等)

参加者には、もれなく、シーボルトハウス個展レセプション用の「八文字屋」の銘入りコースターを、プレゼント。先着5名には、シーボルトハウス個展のポスターをプレゼント。
また、Facebook上にUPした画像の中から、お好みのサイズでサイン入り格安販売の注文も承っています。
なお、9/21〜9/24まで二人のオランダ小品展をほんやら洞で開催します。

■甲斐オランダ行き 壮行会

2014年9月7日(日) 17:00〜20:00
場所:ほんやら洞
会費:2,500円(差し入れ歓迎!)

ライデン・シーボルトハウスでの「甲斐扶佐義写真展」行きのための壮行会です。

■中川五郎ライブ

2014年8月11日(月) 18:00開場/19:00開演
場所:ほんやら洞

チャージ:2,000円(1ドリンク付)

中川五郎ホームページ
http://www.goronakagawa.com/

■フォークソングLIVE&AHO会

20140802_ウッチーライブ.jpg 2014年8月2日(土) 開場18:00 / 開演19:00
場所:ほんやら洞
出演:ウッチー、マークⅣ

チャージ:1,000円

★吉田拓郎もフォーライフやペニーレインのスタッフと訪れたと言うフォークの聖地「ほんやら洞」で拓郎マニアのウッディ(宇田珠樹)とウッチー(内村育弘)が70年代の拓郎のカバー曲を中心に演奏します。
テーマ:1972年、京都のカウンターカルチャーここから始まった!
そして、1975年8月2日「吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋」が開催された!


主催:ほんやら洞
後援:AHO会(安心・安全でほんまにおいしいもんを食べまひょ会)

*ドリンク・軽食は、cash on delivery(代金引換払い)となりますので小銭をご用意ください。
*21:00より懇親会を行う予定です。
*出演者はボランティア参加です。投げ銭よろしくお願いします。

■梶田信明写真展「KYOTO MY LOVE」

20140726_kajita.jpg 2014年7月26日(土)〜8月9日(土)
場所:ほんやら洞

*入場無料
*最終日の8月9日(土)18時〜、エンディングパーティを開催します。
(ドリンク1品注文をお願いします。差入れ歓迎です)

応援:AHO会 : 安心・安全でほんまにおいしいもんを食べまひょ会・主宰 井上義雄

尚、8月2日(土)は、AHO会スペシャル企画 Vol.1【フォークソングLIVE@ほんやら洞】も同時開催ですので写真展と合わせて盛り上がりましょう!

《梶田信明プロフィール》
1956年1月24日京都市下京区に両親の三番目子長男として生まれる。
父は42才古物商、母は31才専業主婦。
生家の二軒隣が文具店で3才のころから画用紙を買ってもらい絵を書き始める。
つたない絵を店主に見せ褒められて調子に乗り絵を描くのが好きになる。
小中は地元、小学校の低学年高学年の折に担任の先生に恵まれてまた々調子に乗る。
ここから一気にデザイン専門学校を卒業まで...。
1976年京都の繊維メーカーデザイン部に就職、1985年末、欧州出張後退職。
1986年より伊藤忠ファッションシステム、イトマン、クラボウ等フリーランスでデザインワークをする。バブル期でもあり好調、バブル崩壊の兆しが見え始めた1993年個人での活動を停止、同年より製菓食品包装資材会社デザイン室に就職、現在に至る。
2014年7月26日から8月9日まで僭越ながら写真展をさせて頂きます。
声をかけてくださいました甲斐扶佐義氏に感謝して居ります。

■真夏の夜のパーティー

20140720_party.jpg 2014年7月20日(日) 17:00〜20:00
場所:ほんやら洞

参加費:3,000円
(飲み放題、食べ放題)*持ち込み歓迎!



絵になる美女と野獣のカップルを写真家・甲斐扶佐義が撮影し、
次回写真集「八文字屋の美女と野獣」に採用させていただきます。
こぞってご参集ください!

■セビジャーナス ナイト

20140712_mami.jpg 2014年7月12日(土)
場所:ほんやら洞

チケット前売り 1500円(1drink, 1food付)

開場 18:00
開演 19:00
グルッポ・ルナヒターナ kyoto によるミニライブ

フラメンコの中でセビジャーナスというのは代表的なセビージャ地方の踊りです。
日本のフラメンコのレッスンでは大概最初に習います。
フラメンコを知っている方にも、知らない方にも、スペインのフラメンコを感じて一緒に楽しもうというコンセプトの会です。
ミニライブは、グルッポ(グループ)ルナヒターナ kyotoによるライブです。 セビジャーナスを皆さんに踊ってもらう景気づけにminiライブをしますので一緒に踊り楽しみましょう。
衣装を着て踊っていただく方は大歓迎です。(ただし衣装の貸出はありません)

〈お問い合わせ・チケット購入〉
以下のアメブロページのご予約ボタンからメッセージの送信をお願いします。
http://ameblo.jp/ateliermarron

*前売チケットはほんやら洞でも販売しています。

お散歩フォトグラファー 呑海龍哉写真展
【眼差し】瞳の見つめる先にあるもの

20140531-0615_Donkai-DM.jpg 2014年5月31日(土)〜6月15日(日)
場所:ほんやら洞 Open 12:00〜20:00

*OPENING PARTY
6月1日(日) 15:00~17:00
入場無料


〈呑海龍哉  Tatsuya Donkai〉
フォトグラファー/一級建築士/インテリアデザイナー/DOMPHOTO代表

1968年1月20日生まれ 京都在住
京都工芸繊維大学工芸学部建築科卒業
独学で写真を学ぶ
ライカM3にモノクロフィルムを詰めてお散歩しながら京都を拠点にそして、海外でも撮影を行っている。

2012.2 写真展「小粋な京都」日常の中の小さな出会いと発見を求めて(京都ロイヤルホテル&スパ)
2013.2 写真展「ASIAN DAILY LIFE(京都ロイヤルホテル&スパ)
2013.6 写真展「アジアの子供たち」瞳の輝きに魅せられて(エルディオス・カフェ)
2013.8 写真展「京都時間」ゆっくりとした時間の中で気付くもの(京都ロイヤルホテル&スパ)

便利さや快適さを求める今日の生活の中で我々は感じることを忘れかけているのではないだろうか。
スピードを求められる時代だからこそ、ゆっくりとスピードを落とし、感じることで気が付くものがありまた、大切なものが見えてくるのではないかと思う。
情報が溢れたデジタルの時代だからこそ、アナログにこだわり色という情報を剥ぎ落したモノクロの世界の方がものごとの本質が見えてくるのではないかと思う。
だから、私は好んでモノクロフィルムで写真を撮っています。

私はゆっくりと散歩をしながら時が止まったように感じる瞬間をスナップして写真に収めています。
幸せな瞬間を永遠に閉じ込めたいと願いながら。

今回は京都のありふれた日常の中で見落としてしまいそうな何気ない瞬間の写真を集めました。
観光の視点ではない京都の懐の深さや魅力を感じて頂ければ幸いです。また、地元の方にも京都の魅力を再発見してもらえばと思っております。

ほんやら洞開店42周年記念特別企画
谷川渥著「書物のエロティックス」(右文書院) 出版記念パーティー

20140530-Tanigawa party.jpg 2014年5月30日(金) 18:00〜20:30
場所: ほんやら洞

●第一部●
谷川渥さんの講演 18:00~18:30
50年・知の愉楽「書物のエロティックス」の読者を求めて
入場無料

●第二部●
祝宴 19:00~20:30 (持込み歓迎)
会費 6,000円(本付き)/購買済みの方は3,000円

○2次会○
八文字屋(中京区木屋町通四条上る 木屋町岡本ビル3F)
Tel. 075-256-1731

谷川渥さんの近著は、蠱惑的で、と同時に危険な書だ。
20歳かそこらの半可通の若者が、この本の魅力の虜になるのを恐れる。秀才、鬼才の谷川さんは、酒の世界でも若者にも、リップサービスよろしく脱領域的な美学世界探求の楽しみを熱く説く。
萩原朔美は本書を「谷川渥が作成した広大な知性の航海図である。この図を携えた彷徨が『肉体の知性』という名の冒険だ。航海図が思索の建造ではなく、知性の演奏、歌であり、この本が酩酊を誘うのはそのためだ」とまで断じる。
オーバーな、と言う勿れ。萩原さんはあえて七面倒臭い物言いをしたわけではない。どこから読んでも、氏の溢れる知性とめくるめく目の輝きに出くわしてクラクラする。慕う後続者への惚れ薬が随所に鏤められている。
氏の50年に垂んとする知的世界、関心の在処、読書という悦楽、その持続が年譜的に惜しげもなく、華麗に披瀝される。
同世代の浅学非才の徒も、悔悟や憧憬と共に時代の記憶の欠片を本書に発見出来て嬉しい。この才気煥発なパイロットの水先案内に載せられて付き従うのもオツなものだ。垂涎ものの境界抹消的な美学・美術史の領野が眼前に広がっている。
マニエリズム、バロキズム世界の紹介のトップランナーは、優しく誰もが、恋すれど、酩酊すれど、酔えやしれない。
凡人がこの世界を堪能するには、おそらく、自律心、長年の修練が要求される。
ほんやら洞42周年記念日に、谷川渥さんの「書物のエロティックス」の出版記念パーティを併開できるのは、粗忽なプラグマティスト集団のほんやら洞としては、光栄の至りだ。
(甲斐扶佐義/ほんやら洞店主、写真家)

■奥田陶生「作陶展」

photo-okuda.JPG 2014年4月19日(土) 〜5月11日(日)
場所:ほんやら洞

〈奥田陶生〉
1966年 甲賀市信楽町に生まれる
1988年 京都府立陶工職業訓練校 成形科 修了
1991年 滋賀県立陶芸の森 研修作家
2013年 まちなか芸術祭記念 信楽の今展 ギャラリー陶園 (信楽)個展
その他関西でのグループ展など

ー 信楽の野に伏して自分の心情を轆轤で告白しています。ただ、 ただ ひたすらに

■浪花の歌う巨人・パギやん(趙博)ライブ&トーク

2014年4月19日(土)
場所:ほんやら洞

18:00開場/19:00開演

料金2,500円(1ドリンク付き)

■『新約ビート・ジェネレーション』出版プレイベント
 詩とジャズ、路上に浮かぶ二つの月

20130826_poet-jazz.jpg 2013年8月26日(月) 19:00〜
チャージ:2,000円+1ドリンク
場所:ほんやら洞

〈POETRY READING〉
ヤリタミサコ(詩人)/ミシマショウジ(パン屋詩人)/北口幸太(ビート研究者)

〈JAZZ PERFORMANCE〉
金子雄生(トランペット)/河崎純(コントラバス)

〈お問い合わせ〉
080-5072-0333(佐藤)

今秋出版される、社会学的な視点からビート・ジェネレーションを語る『新約ビート・ジェネレーション』のプレイベントとして、詩とジャズのコラボイベントを開催します。
詩を朗読するのは、ビートスピリッツ溢れる詩人のヤリタミサコとミシマショウジ。そして『新約ビート・ジェネレーション』の著者北口幸太も登場し、ビート・トークも繰り広げられる予定。
ジャズ奏者はトランペットの金子雄生、コントラバスの河崎純。
会場となるのは、ビートとは深い結びつきのある京都ほんやら洞。
詩、音、場の最良のコラボが、真夏の京都の夜にスパーク!
ぜひ火花で輝く2つの月をご体感下さい。

*ご来場いただいた方には、トランジスタ・プレスが出版した本をプレゼント致します。

■石田奈津子写真展「インドちょっと見ただけーなつこの場合」

2013年7月21日(日)〜8月18日(日)

場所:ほんやら洞1F Wall Gallery(閲覧無料)

*7月20日(土)PM7:00〜 オープニングパーティ

■天川哲也イラスト展 ~様々な情景~

amakawaDM.jpg 2013年6月16日(日)〜7月14日(日)

場所:ほんやら洞1F Wall Gallery(閲覧無料)

天川哲也 E-mail:hotsumaa@extra.ocn.ne.jp

■中川五郎ライブ

2013年6月18日(火)
(ほんやら洞か八文字屋にて)
写真家にしてほんやら洞と八文字屋のオーナー甲斐扶佐義さんのアンリ・カルティエ・ブレッソン賞受賞を記念して、もしくは受賞を逃して残念無念の中川五郎投げ銭ライブ。受賞したら会場は今出川寺町のほんやら洞で、受賞しなかったら四条木屋町の八文字屋で歌います。受賞を 心から願います。詳細は追ってお知らせします。(中川五郎オフィシャルサイトより)

■グリーン・アート・プロムナード 甲斐扶佐義行灯写真展 ねこ

1212_green.jpg 2012年12月1日(土)〜
場所:河原町通四条〜五条間

●甲斐扶佐義を聞き、中川五郎を聴こう
2012年12月18日(火)PM7:00〜
場所:京都リッチホテル 1Fロビー
  (京都市下京区河原町五条上ル西側)
入場無料

主催:河原町グリーン商店街振興組合

■浜田佐智子出版記念写真展
「やさしい風に誘われて〜リスボン〜」

2013年1月12日(土)〜2月2日(土)

場所:ほんやら洞1F Wall Gallery

*Closing Party
2/2 (土) 17:00〜
(一人一品持寄りください!)

■ほんやら洞新年会&浜田佐智子写真集出版記念パーティー

2012年12月22日(土)PM5:00~

会費:5,000円(写真集付、飲み放題食い放題)
*写真集をすでに購入済みの方:3,500円

■ひと足早いほんやら洞のクリスマスパーティー

2012年12月22日(土)PM5:00~

会費:3,000円(飲み放題食い放題)
持ち込み歓迎!

■「与論のせなか」 石田奈津子写真展

120825_ishidanatsuko.jpg 2012年8月25日(土)~9月9日(日)
場所 ほんやら洞 1F Wall Gallery

オープニングパーティー:8月25日 18:00~
※どなたでも参加していただけますので、是非来てください。


ブログ:http://ameblo.jp/mojiko0720/entry-11333014818.html

■八文字屋納涼パーティー

2012年8月11日(土)p.m.6:00〜9:00

場所 八文字屋(いつもより早く開けています)
会費 4,000円(飲み放題食い放題)
   CCFOH(八文字屋の将来を憂慮する会)会員は半額2,000円

■すちゃらかしゃいにんぐ ライブ

120804_sucharaka-live.jpg
2012年8月4日(土)
18:00 開場/18:30 開演

場所 ほんやら洞
チャージ 2,000円

青柳久美子(acc)・渡邉一郎(f.m)
米谷俊樹(g)・黒田志乃(pianica)

すちゃらかしゃいにんぐブログ http://sucharakashining.blogspot.jp/

■ほんやら洞開店40周年記念パーティー
2012年6月3日(日)17:00~20:00

場所:ほんやら洞
会費:3,000円(飲み放題食い放題)

18:00〜 ライブ
出演:QUNCHO(ヴォーカル)/HOBO(ギター)/平野千尋(パーカッション)
   趙博(百年節のパギやん)

-QUNCHO-
関西屈指のブルース・ロックバンド「上田正樹&サウストゥ・サウス」の元ギタリスト&ヴォーカリスト。
タワー・オブ・パワー、クルセイダース、ウォー、アイク&ティナターナ等、海外ミュージシャンと共演の経歴を持ち、シーチャン・ブラザーズほか伝統的なブルースバンドを渡り歩く。 その後、渡米を経て1992年にファーストソロアルバム「Equator」をリリース。 ソロとして、またセッションでライブ活動も行い、70年代のR&B、ブルース、ラテン、サンバ、レゲエ、ワールドミュージックなど幅広い音楽活動を行う。

二次会は、9時から八文字屋です。
料金別途、〈八〉の平常通り。

■趙博&はるまきちまきCDアルバム「原・減・言」ライブ・ツアー(京都)
2012年4月8日(日) 17:00〜

場所:ほんやら洞2F

木戸銭:2300円(当日2500円) /15才以下無料
(*木戸銭には、ドリンク代など含まれません)


●お問い合わせ・ご予約 電話 080-3119-7074/FAX 050-1200-9601
            メール info@fanto.org
            ホームページ http://fanto.org

【その他の会場】
4/6(金) 禁酒會舘(岡山)
4/14(土) じんじん(草津)
4/15(日)空色曲玉(名古屋)
4/21(土)琉球センター・どぅたっち(東京)
4/22(日)カルマ(東京)
4/28(土)ピースクラブ・4階ホール(大阪)
5/11(金)クロスロード・カフェ(伊丹)
5/12(土)冒険の森(淡路島)
5/13(日)Big Apple(神戸)

■13回忌 材野博司を語ろう
2012年3月4日(日) 14:00〜17:00

場所:ほんやら洞2F
会費 5,000円

お願い:会食・懇談の間に何回かに分けて、参加者のみなさまから1〜2分間のスピーチをお願いします。材野博司氏にまつわるエピソードや解説つきの「短歌」披露など、いろいろと。

*2/22までに出欠のご連絡を山崎携帯:090-1914-4154 もしくはメール joji@hirokuniya.com までお知らせください。

発起人:小浦久子、小山幸容、田端修、谷口知弘、道家駿太郎、山崎譲二、山岡千佳士、吉田秀雄

■日本酒を外から見る会
2011年11月27日(日) 15:00〜17:30頃

場所:ほんやら洞
会費 3,000円
申し込み:sake@yoigokochi.eu

主催:酔い心地 Yoigokochi Sake Importers
司会:ディック・ステゲウェルンス
協力:ほんやら洞、鵜飼商店

2008年から欧州に純米酒を輸入している「酔い心地 - Yoigokochi Sake Importers」による、祇園祭の日本酒屋台に続く京洛純米酒啓蒙運動の第二弾!ヨーロッパで好評され、よく売れていることを基準に、食前酒から食後酒まで純米酒を15銘柄厳選しました。全国からの日本酒を向こうの飲む順番で試飲しながら、お酒の種類に合わせた和洋折衷料理を楽しめます。

利益はすべて東日本大震災で倒壊した純米酒蔵に寄付します。カンパは大歓迎。

■ライブ
2011年11月19日(土)

17時スタート

場所:ほんやら洞2F

◉チケット
500円(+1ドリンク 500円)

[出演]
プールグループ
木内佑介(ポーの一族)
松葉類(PLANETZ)
ミズノミカ(みかとやす)

連絡先
group_pool@yahoo.ne.jp プールグループ

■甲斐扶佐義写真集「京都猫町ブルース」出版記念展
2011年11月8日(火)〜11月25日(金)

場所:ほんやら洞1F Wall Gallery

■甲斐扶佐義写真集「京都猫町ブルース」出版記念パーティー
2011年11月5日(土) 17:00〜20:00

場所:ほんやら洞

会費5,000円(本付き)

■マガリ・レーニュ写真展「LAST」
2011年10月24日(月)~11月7日(月)

場所:ほんやら洞1F Wall Gallery

■建築家3人展
2011年10月8日(土)~10月20日(木)

場所:ほんやら洞1F Wall Gallery

*10/16(日) 17時より、建築家3人が会場に集まりますので、お気軽にお立ち寄りください。

◉3人の建築家がプランを提案します
「3人の建築家が具体的な設計案をつくります。1人での提案も3人でのコンペもできます」

岡西重治(L.V.M計画比叡工房)
http://hiei-k.jimdo.com Mail: hiei-k@maia.eonet.ne.jp

奥村幸司(奥村幸司建築設計室)
http://www.k4.dion.ne.jp/~okumuraa Mail: ginsuzu@k5.dion.ne.jp

松嶋雅泰(まつしま建築設計事務所)
Mail: matsushima_archit@y2.dion.ne.jp

■建築家3人展
2011年6月18日(土)~6月26日(日)

場所:ほんやら洞1F Wall Gallery

◉3人の建築家がプランを提案します
「3人の建築家が具体的な設計案をつくります。1人での提案も3人でのコンペもできます」

岡西重治(L.V.M計画比叡工房)
http://hiei-k.jimdo.com Mail: hiei-k@maia.eonet.ne.jp

奥村幸司(奥村幸司建築設計室)
http://www.k4.dion.ne.jp/~okumuraa Mail: ginsuzu@k5.dion.ne.jp

松嶋雅泰(まつしま建築設計事務所)
Mail: matsushima_archit@y2.dion.ne.jp

-3人の建築家による設計コンペの場合
〈コンペの流れ〉
a. コンペ開催者には用意されたアンケートシートに要望等を記入していただきます。
b. アンケートを元に必要に応じて建築家はヒアリング、現地調査会、諸官庁調査等を行い2名以上の建築家が設計案を作成します。
c. 建築家は2週間かけて作成した設計案を会場である喫茶店「ほんやら洞」で開催者に手渡しその場で提案内容を簡単に説明します。
d. 設計案を受け取った開催者は当日、もしくは後日採用の成否を建築家に報告します。
e. 採用された場合建築家は開催者との間で基本設計契約を締結します。建築家の承諾なしに設計案を使用することはできません。
*コンペの開催費用は一度についき一律5万円とします。

-1人の建築家による設計案の提案の場合
上記a項〜e項は共通です。依頼費用は一度につき一律2万5千円とします。

■ほんやら洞40周年記念 日本酒を飲む会
2011年5月28日(土) 17:00〜21:00

場所:ほんやら洞
会費2,500円(差し入れ歓迎)
おいしい日本酒を持参してくれる方、大歓迎!

■建築家3人展
2011年5月14日(土)~5月22日(日)

場所:ほんやら洞1F Wall Gallery

◉3人の建築家がプランを提案します
「3人の建築家が具体的な設計案をつくります。1人での提案も3人でのコンペもできます」

岡西重治(L.V.M計画比叡工房)
http://hiei-k.jimdo.com Mail: hiei-k@maia.eonet.ne.jp

奥村幸司(奥村幸司建築設計室)
http://www.k4.dion.ne.jp/~okumuraa Mail: ginsuzu@k5.dion.ne.jp

松嶋雅泰(まつしま建築設計事務所)
Mail: matsushima_archit@y2.dion.ne.jp

-3人の建築家による設計コンペの場合
〈コンペの流れ〉
a. コンペ開催者には用意されたアンケートシートに要望等を記入していただきます。
b. アンケートを元に必要に応じて建築家はヒアリング、現地調査会、諸官庁調査等を行い2名以上の建築家が設計案を作成します。
c. 建築家は2週間かけて作成した設計案を会場である喫茶店「ほんやら洞」で開催者に手渡しその場で提案内容を簡単に説明します。
d. 設計案を受け取った開催者は当日、もしくは後日採用の成否を建築家に報告します。
e. 採用された場合建築家は開催者との間で基本設計契約を締結します。建築家の承諾なしに設計案を使用することはできません。
*コンペの開催費用は一度についき一律5万円とします。

-1人の建築家による設計案の提案の場合
上記a項〜e項は共通です。依頼費用は一度につき一律2万5千円とします。

■タケボーソロライブ

2011年5月15日(日) 21:00start
場所:八文字屋

■谷内一光展『谷内一光時代|The age of ikko taniuchi』

1104_taniuchiikko.jpgこのたびほんやら洞では、国内外で数多くの作品を発表している美術家・谷内一光による展覧会を開催します。本展のために描き下ろされたモノクローム・ドローイングを多数展示致します。関連イベントとして、24日(日)は会場にて公開制作をおこないます。更に30日(土)にはゲストミュージシャンにmiku-mariを迎え、谷内一光による絵の具舞踏の上演をおこないます。一夜限りのスペシャルセッションです。上演後、びろうどねこによる弾き語りライブもございます。是非、お越し下さい。
会場:ほんやら洞

【EXHIBITION|谷内一光時代】
2011年4月18日(月)~4月30日(土) 12:00 - 22:00

*カフェですが観覧は無料です。
*作家在廊日などの最新情報はこちらをご覧ください。

http://twitter.com/ikkotaniuchi

公開制作|2011年4月24日(日) 14時~22時(予定)


1104_ikko.taniuchi-45.jpg 【EVENT|絵の具舞踏】
2011年4月30日(土)
open:18時30分/start:19時30分
 料金:500円(1ドリンク代)+投げ銭
 出演:谷内一 光×miku-mari/びろうどねこ
*使用する絵の具が飛散する事がございます。最前列でご覧になられる方は、タオルなどを持参の上お楽しみ下さい。

協賛:ターナー色彩株式会社/協力:D・O・P、八文字屋
詳細:http://taniuchiikko.jugem.jp

谷内一光|IKKO TANIUCHI
1984年京都生まれ大阪在住の美術家。2005年より展覧会『谷内一光時代』を軸に、国内外で多くの作品を発表。力強く、愛に溢れた作風が特徴で、近年はモノクロームの作品が多い。パフォーマンス活動では、キャンバスを床面に置き、その上で色を浴びるように全身で描き、絵画を体現する「絵の具舞踏」と呼ばれる独自の表現手段をクラブ・ギャラリー・劇場・野外・海外フェスティバルなどで展開。パフォーマンスユニット「BLUEMAN」や美術関係 者、海外での評価も高い。他にも展覧会やイベントチラシのデザインも行なう。
http://twitter.com/ikkotaniuchi

miku-mari
京都在住のマツムラタカヒロによる不定形ユニット。原点であるパンク/ハードコアに始まり、NEW/NO WAVE、フリー・ジャズ、ノイズミュージック、電子音響、サイケデリック、アンビエント、ダブなど、それらのジャンルの先鋭性を抜群の嗅覚で抽出し、独自の編集センスでコラージュ。ライブは、主にギター及びギターシンセを用いた演奏と、リアルタイム・サンプリングによる自身のフレーズの反復と加工処理を 即興的に組み合わせて展開する。繰り返される断片は、ビートレスながら陶酔感の高いダンス・グルーヴを生じさせ、現在進行形で行われる演奏と協和/不協和 を引き起こしながら、フィジカルかつ空間的拡がりを持つ唯一無二の音楽を生み出す。
http://www.myspace.com/mikumarihitori

びろうどねこ|biroudoneko
滋賀県在住。バンド活動を経て、2008年よりソロ活動をはじめる。2009年より「びろうどねこ」としてアコースティックギター、バンジョーでの弾き語りライブを京都を中心として、様々な場所で行う。アコーディオンやチェロ、ギター、マンドリンとのデュオ編成でのライブも行う。
http://www.myspace.com/biroudoneko

■八文字屋27周年パーティ
2011年4月19日 (火) 21:00 start

1104_Live-ryotaro-biroud.jpgびろうどねこ with ryotaro

charge FREE!!
場所: 八文字屋

http://nekooooo.biroudo.jp/
http://www.ryotaro.info

■小さな小さな春・一晩!三連発 第四回
2011年3月30日(水) 17時オープン(開演時間未定)

場所:ほんやら洞2F

投げ銭+1オーダー

【出演】
・ポーの一族
・クモノスのカモメ(東京)
・大濱周也
・外れ者
・かわいあり(庭)
DJののみ

問い合わせ先
こしかけ工房 075-200-2604

■ほんやら洞 春の試食会「クスクス料理(アフリカ料理)」
2011年3月27日(日) 18時〜

場所 ほんやら洞
参加費 1,000円(チャイ付き)

■板原和之写真展「時代の匂い~ほんやら洞胎動期の京都~」
2011年3月8日(火)~3月21日(月・祝)

1961 賀茂川堤防_1.jpg
場所:ほんやら洞1F Wallギャラリー
Open 12:00~22:00(観覧無料)

*好評につき、期間延長

【作者略歴】
1946年京都生まれ。京都府立大学卒。
元KBS京都記者。

■浜田佐智子写真展「パリっ子 Parisien」
2011年1月21日(金)〜2月27日(日)

DM_Parisien_omote.tif
 場所:ほんやら洞1F Wallギャラリーにて(観覧無料)
 OPEN 12:00〜22:00(月曜休)


●2/11(金・祝) 「ミニパーティー」18:00〜
 会費1,000円(差し入れ歓迎)

LinkIcon掲載記事を見る

■クメール伝統織物研究所 森本喜久男報告会
2011年1月22日(土)18時〜

カンボジアの伝統織物と、それを担う人々の暮らしを支える”伝統の森”再生プロジェクト最新事情

17時半〜20時 カンボジア手織りシルクの展示と販売

場所:ほんやら洞2F
(1Fにてワンドリンクご注文ください)

お問い合わせ:eti_mori6_2@yahoo.co.jp(森本)

■tRace elements - KIYAMACHI TOUR 2010
2010年12月4日(土)19:00〜12月5日(日)5:00

max & ryotaro
http://www.zms.or.jp/~maxdodds/elements/

no charge !!カンパ制  1drink order

...KIYAMACHI TOUR 2010~UP AND DOWN THE  KI~


19:00~19:40 ルインズ(RUINS) 075-708-5853
http://ameblo.jp/green-dining-ruins/

20:00~20:40 ING 075-255-5087 with ハコ  
http://www.sango.sakura.ne.jp/~akira_n/bar/ing.html

21:00~21:40 McLoughlin's Restaurant & Bar 075-212-6339
http://kyotoirish.com/jp/index.html

22:00~22:40 八文字屋 (HACHIMONJIYA) 075-256-1731
http://honyarado-kyoto.cool.ne.jp/hachimonjiya.html

23:00~23:40 お粥さんBAR 京楽 (KYOURAKU)075-241-3831
http://nashinokatachi.com/news/news.html

24:00~24:40 Alphabet Ave. 075-251-0069 with Yung Tsubotaj
http://www.onozomi.com/newshop/0406_3.html

25:00~25:40 UrBANGUILD 075-212-1125
http://urbanguild.net/


26:00~26:40 Frontieres Sans Nations 090-5064-0642

27:00~27:40 うさぎ (USAGI)075-351-6093

28:00~28:40 Jam House(new!) 075-351-9715

■ライブ「小さな小さな春・一晩 第三回」
2010年12月4日(土) Open17:00/Start18:00

場所:ほんやら洞2F

投げ銭+ワンオーダー

出演
・松井 文
・風の又サニー
・アルプス
・ミシシッピと彼女のキョンシーズ

アルプス
ピアニカとギターとうた。最小サイズの女の子ふたり。

風の又サニー
ギター・ピアニカ・チューバの素敵な三人組。フロム京大軽音。

松井文
ギター弾き語り。大阪のフォークガール。

ミシシッピ&彼女のキョンシーズ
ジョニー率いる総勢8人の横一列バンド。賑やかなようで控えめで酒の肴にちょうどいいかな。気分はフォークブーム真っ只中。

and more…


問い合わせ先
075-200-2604 こしかけ工房

“ディマーシュ アン フランス” ・ パリビス日仏集まり会
2010年11月28日(日) 午後3時〜午後5時(開場:午後2時30分)

『パリ・シンドローム』Le Syndrôme de Paris
島井佐枝監督映画(日本語字幕付)
原作:フィリップ・アダム(Inventaire/Invention出版)
撮影・音声:グザヴィエ・ブリヤ
編集:シルヴァン・カルドネル
音楽:Ryotaro
映画上映 (50分)
島井佐枝監督を囲んで交流会とディナー

ゲスト: 島井 佐枝 Saé Shimaï
1970年大阪生まれ。京都教育大学特修美術学科日本画専攻。在学中から京都・奈良を中心に個展、グループ展を開催。1997~98年のフランス留学で西洋的コミュニケーションが苦手で引きこもる現地日本人を複数目の当たりにする。2007~08年のパリ滞在の折に元ヴィラ九条山レジデントの仲間達と本作品を制作。
LinkIcon島井佐枝監督の紹介記事を見る

【ストーリー】
パリで留学生として生活する畑中千春。男性社会の日本に嫌気がさし憧れの地パリにやって来て数年経つものの引きこ もりがちな毎日。フランス人精神科医の心理相談をうけながらもパリ滞在に固執する。エスカレートする精神科医の変質的な質問に千春は不信感を抱き始めるが、唯一のコミュニケーション相手でもある彼に惹かれていく……。海外に進出しても結局真の“国際化”ができずにいる日本人の問題点を探るドキュメンタリータッチのフィクション。

【ご予約・お問い合わせ】TEL 075-253-6767
参加費:500円 (コーヒー又は紅茶付)
フルコースディナー: 3675円 (税込)
【締切】11月20日(金)

場所:Restaurant Paris bis
   河原町二条西入ル河二ビル8Fホール 京都市役所の北
   地下鉄: 東西線 京都市役所前駅 16番出口 北へ徒歩2分
   京阪電車: 三条駅 12番出口 北西へ徒歩5分

http://ameblo.jp/parisbiskyoto/


■波多野 毅 講演会「医食農同源と懐かしい未来」
2010年11月14日(日) 12:30開場/13:00開始~15:00終了

15:00~16:30 交流会

場所:ほんやら洞2F

料金:事前申込1800円/当日2000円(1ドリンク込)
(1ドリンクメニュー⇒コーヒー、紅茶、チャイ、ウーロン茶、ビール、焼酎)

申し込み先:natukashi1114@yahoo.co.jp
上記のアドレスに御名前と連絡先(メールアドレス)をお送りください。
※定員40名になり次第、受付を終了させていただきます。


波多野 毅(はたの たけし)
1962年 阿蘇小国町生まれ。
法政大学社会学部卒業後、鍼灸指圧の資格を取得し、93~94年アメリカの東洋医学・マクロビオティック研究で知られるKushi Instituteに留学。帰国後、自然豊かな生まれ故郷の阿蘇小国町にて教科学習の他、世界人講座、社会人講座、食育講座などユニークな学習の機会も提供する寺子屋「TAO塾」を創設。
教育・健康・環境にかかわるプロジェクトを推進するとともに、国内外から多くのボランティアや研修生を受け入れている。
その活動は、辻信一著「カルチャークリエイティブ~新しい世界をつくる52人」(木楽舎)やNHK金曜リポートLOHAS特集などで紹介された。
熊本県温暖化対策センター理事、NPO法人パーマカルチャーネットワーク九州理事、環境文化NGO ナマケモノ倶楽部会員

TAO塾ホームページ http://www.taocomm.net/index.html

コーディネーター:高木 慎介(環境文化NGO ナマケモノ倶楽部会員)

■平井正也・島崎智子のダブルファンタジー
2010年10月24日(日) 18:00開場/19:00開演

101024_Liveちらし.jpg
場所:ほんやら洞

料金:2,000円+1ドリンク

【ダブルファンタジーとは】
殺気にも似た集中力を見せるかと思えば、観るものをやさしく包み込みもする。
「歌」に対して尋常でない集中力を持つ二人、平井正也と島崎智子が作る音楽イベント。
舞台に携わる人、音楽がアートが好きな人すべてに体験して欲しい。

●予約・問い合わせ
 Eメール:info@nelco-web.com
 TEL:075-222-1574(ほんやら洞)


【平井正也(ひらいまさや)プロフィール】
東京を中心に全国で活躍するロックバンド、マーガレットズロースで歌とギターを担当。
毛穴から出すような歌声と、心臓と直結したようなギターが特徴。
ぼくときみのための小さなうたが爆発して宇宙になるような音楽を目指す。

マーガレットズロースは96年結成。2001年のデビュー以来7枚のCDをリリース。
2010年12月1日には最新アルバム「darling」をミディからリリースすることが決まっている。
友部正人のバックバンドとしても活躍し、アルバム「Speak Japanese,American」のレコーディングに参加。
平井正也ソロ作品としてはウッドベースにふちがみとふなとの船戸博史を迎えた
実況音源「平井正也、おおいにうたう」(2009)が代表作。

また妻、有美子と結成しためおとものづくりユニットnelcoでも
「たのしいことだけやっていくとか 自分のリズムで生きるとかやってみたら意外とできちゃったりして」
をテーマに、自由に朗らかに全国を巡業中。
4歳と1歳のこどもも加わり子育て系ミュージック界期待の星として、
常識にとらわれない場所(助産院や個人宅、プレーパークなど)でライブ活動を展開している。

■マーガレットズロース公式サイト
http://magazuro.com/

■nelco web
http://nelco-web.com/


【島崎智子(しまさき ともこ)プロフィール】
2005年のデビュー以来3年間に渡り、ピアノ弾き語り3部作を発表。
2008年4th.アルバム「姿」リリース 他、短編映画の音楽制作と主演。
現在、東京隔月ライブ[ピアノ屋すっぽんぽん]を軸に全国各地で弾き語り中。

■「島崎智子・片想い100連発」
毎週月曜日あたりに更新中
http://midiinc.com/cgi/contents/magazine_top.php?id=23

■島崎智子公式サイト
http://8-shimasaki-8.com

■2010 縄文波三人展
2010年10月5日(火)~10月10日(日)

12:00〜19:00(最終日17:00まで)

場所:ギャラリー・ヒルゲート(1階・2階)
   京都市中京区寺町三条上ル天性寺前町
   TEL. 075-231-3702 (1F)
       075-252-1161 (2F)

  絵画:樽門 豊
  絵画:川口久彬
  彫刻:大塚楯征

*詳しくはホームページをご覧下さい*
http://jomonarts.jimdo.com

■第3回 林業女子会@京都
2010年9月28日(火) 18:00〜

場所:ほんやら洞2F

林業を女子のチカラで変えたい!そんな思いで集まっている林業女子会。
サークル、研究、町屋建築、森林組合……いろいろな方面で林業に携わる女子が集まっています。

詳しくはブログをご覧ください☆
http://forestrygirl-kyoto.cocolog-nifty.com/blog/

■ rヨ-Birthday #034 りばーすでー34
 夢美路丈旁yumiji take-bow
2010年9月3日(金)昼公演15:00〜ほんやら洞/夜公演21:00〜八文字屋

rヨ-Birthday#034.JPG
昼公演
title[D#4C]
cherp domestic done decided deeds
(たやすく しずかに おこなわれる さだめられた できごと)

場所:ほんやら洞2階

13:00 開場open
(2階公演会場にて、13時より15時の間で、夢美路丈旁による展示作品を鑑賞していただくことが出来ます)

15:00 開始start
15:00 夢美路丈旁yumiji take-bow (guitar,turntables) In
15:20 山谷一也yamatani kazuya(pantomimist)In
15:40 草壁カゲロヲkusakabe kagerowo(actor)In
16:00 K-K (a.sax)In

料金1500円(1ドリンク付)

夜公演
title「drawing the line #17」
21:00 演奏開始start
no charge
TAKE-BOW(guitar)

場所:八文字屋
京都市中京区木屋町四条上ルHOTTAビル3F
TEL 075-256-1731

お問い合わせ
TEL. 075-756-5965(ゆみじ)
e-mail  kakera@bronze.zero.jp
web site http://www.sekai.vc(せかい)
http://www.yumiji.jp(ゆみじたけぼう)

■「八文字屋のバッカスに捧ぐ」 Vol.12
 Milkymee+ guest ryotaro
2010年4月27日 (火) 22:00 start

charge FREE!!

Milkymee/現・ヴィラ九条山レジデント http://milkymee.com/

場所:八文字屋
木屋町通四条上ル大西ビル3F
Tel. 075-256-1731

■パギやん(趙博)ライブ『百年目のヤクソク』
2010年4月19日(月)18:30開場 19:00開演

場所:ほんやら洞

●共 演:ハルマ・ゲン(Key.)
入場料:2,000円

http://fanto.org/schedule/index.php/view/276

■老人よ大志を抱け
 基調講演:都築響一(編集者・写真家)
2010年3月7日(日) 13:00〜16:30

コメンテーター:林幸治郎(ちんどん通信社社長)、濱野清志(京都文教大学臨床心理学部教授)
司会:鵜飼正樹(京都文教大学人間学研究所所長)

会場:京都文教中学・高等学校 岡崎キャンパス内 大島ホール
(京都市左京区岡崎円勝寺町5)
入場無料・申込不要

お問い合わせ:京都文教大学人間学研究所
メール:human@po.kbu.ac.jp
電話:0774-25-2494(研究支援課・立石)

■草壁カゲロヲ独演「彈キ鐵--ハジキガネ--」
2009/12/23(水・祝)

受付開始 13:00
開場 13:30/開演 14:00
終了後、歓談会

★草壁カゲロヲ★
役者、劇団ロヲ=タァル=ヴォガ代表。
育児休暇で暫くの間活動休止していたが、2010年2月末ヴォガ本公演「SILVER30」で復活を期する。

音楽:オトノカケラ 夢美路丈旁(yumiji take-bow)

入場料:1,500円(1ドリンク付)
定員30名

場所:ほんやら洞
予約電話 075-222-1574(ほんやら洞)
予約メール honyarado.kai@gmail.com

■武井武雄「イルフな時間」
2009/12/20(日)

pm.3:00〜
会費 1,000円(ドリンク付)
場所:ほんやら洞2F

★武井武雄作品に囲まれたお噺会★
フルイ(古い)の反対の「イルフ」はとっても新しい!
大正から昭和にかけて生まれた本達はオシャレでモダンでユーモアたっぷり。武井流スパイスをきかせた貴重な絵本がいっぱい。手にとって自由に見てください。(約50冊)
とても一人の作品とは思えない、絵や版画だけでなく、童話も本当にステキです。刊本作品(版画、寄せ木、ゴブラン織、印伝etc.)もあります。タケイタケオ知らなきゃ損々!大人も子供もよっといで!

■竹宮恵子2009京都展『悠久 -ファラオの墓-』
2009/12/5(土)~12/12(土)

12:00~18:00(最終日16:00まで)
場所:ギャラリーおいけ
京都市中京区東洞院通御池下ル
TEL. 075-221-3601

SPECIAL EVENT
・『ファラオの墓』色紙サイン会
12/5(土)16:00~17:00(新装版or文庫セットをお求めの方100名様限定)

・個展トークショー
 12/12(土) 16:00~17:00(有料・色紙プレゼント100名様限定)

■木屋町ツアー2009 “Up and down the Ki”
tRace elements (max & ryotaro)
2009/11/14(土)

Start 19:00

19:00 ING (075-255-5087)
20:00 booze-k (075-251-6763)
21:00 McLoughlin’s (075-212-6839)
22:00 図書館 (090-3943-6429)
23:00 ろくでなし (075-351-0299)
24:00 京楽 (075-241-3831)
25:00 八文字屋 (075-256-1731)
26:00 うさぎ (075-351-6093)
27:00 Alphabet Ave. (075-251-0069)
28:00 石丸商店 (075-213-0966)

http://www.zms.or.jp/~maxdodds/elements

■麿赤児・梅津和時 夢の競演
メソポタミアンドリームⅣ Session Live
2009/8/29(土) 雨天決行

場所:野外能舞台併設スペース えにし庵
大阪府四條畷市南野2丁目6-3
TEL. 090-8653-0546(当日連絡先)
http://maroume.com

第1部:プレイベント 14:00〜17:00
第2部:メインイベント 17:00〜20:00

麿赤児(舞踏家)
梅津和時(サックス、クラリネット奏者)

料金3,500円 完全予約制チケット(八文字屋でも扱っています)
限定350名様のみ

お問い合わせ:イベント事務局代表 石田
TEL. 072-826-0981
メール:swghd055@ybb.ne.jp

■布と硝子のこまものや 2009
(岡西直美+うえのかよこ)
2009/7/7(火)~12(日)

11:00-18:00(最終日17:00まで)
場所:ギャラリー翔
京都市左京区北山道下鴨中道東入北側
Tel/Fax. 077-724-8154

■アッセンブリーアワー企画
「ヘンプ(大麻草)について考える@Doshisha
 ---未来のためのエコ素林の有効活用」
2009/7/10(金)

17:00~19:00
場所:同志社大学新町キャンパス
入場無料
講師:赤星栄志さん
http://www.hemp-revo.net

■第8回まつしろ現代美術フェスティバル
2009/7/5(日)~20(月)祝日

会場:松代藩文武学校
(長野市松代町松代205-1)および象山地下壕清野側口

主催:第8回まつしろ現代美術フェスティバル実行委員会
共催:Art_Plus-jp(アートプラスジェーピー)・ISHIKAWA地域文化企画室・ナノグラフイカ
後援:長野市 エコール・ド・まつしろ倶楽部 信濃毎日新聞 週間長野新聞社 NHK長野放送局 SBC信越放送 NBS長野放送 TSBテレビ信州 abn長野朝日放送 INC長野ケーブルテレビ FMぜんこうじ 長野県教育委員会 長野市教育委員会
協力:NPO法人松代大本営平和祈念館 中部建設工業株式会社 
助成:野村国際文化財団 National Arts Council Singapore

〈内容〉
○現代美術の作家による文武学校内および松代大本営象山地下壕西側(清野側)におけるインスタレーションを中心に、パフォーマンスアート、映像、現代舞踏、コンテンポラリーダンスなどを開催。

〈インスタレーション作家〉白川昌生 柳健司 丸山富之 北澤一伯 仁科茂 高島芳幸 潮田友子 坂口直也 香山洋一 町田至 木村仁 テイ・コバヤシ(米国) ペネロウプ・トンプソン(オーストラリア)

〈映像作家〉花井裕一郎 Abnormal system

〈パフォーマンスアーチスト〉ホン・オボン(韓国) ペネロウプ・トンプソン(オーストラリア) アンジー・シエ(シンガポール)モザ(ビルマ“ミャンマー”)田中照幸・幅佳織(日本)リプレイ・トリス(米国)

○「羽根プロジェクト」によるワークショップ:折り鶴の羽根を素材に、平和を願う作品を制作。
象山地下壕にて写真撮影。募集人数約15名。参加料無料。後日文武学校に作品展示。
7月5日(日) 13:00~ 文武学校内(文学所)

○ギャラリー・トーク:参加作家によるトーク
7月11日(土) 13:00~16:00 文武学校内(文学所)

○展示見学ツアー:参加作家による作品ガイドツアー
7月12日(日) 10:00~12:00 文武学校内

○韓国、日本およびアジアのパフォーマンスアーチストによるアートパフォーマンス
7月12日(日) 13:00~16:00 文武学校内     

○羽根茶会:7月12日(日) 11:00~14:00 文武学校内(東序)
 羽根落雁付き お茶代300円

○現代舞踏:7月20日(月)祝日 13:00~リチャード・ハート 宮川理恵子 文武学校内

○コンテンポラリーダンス 7月20日(月)祝日 15:00~北島ちかこ 文武学校内

*入場料無料ただし文武学校入館料として200円が必要(同日再入場可)

ウエブサイト http://mcaf.jp/index-09.html

■劇団黒テント第67回公演 特設テント劇場
 新装大回転玉手箱
東京公演:2009/06/05(金)~06/14(日)

全日19時開演(開場は開演の20分前)

作:坂口瑞穂
演出:「新装大回転玉手箱」俳優陣
音楽:磯田収
美術:幸和紀
舞台監督:森下紀彦

場所:木場公園多目的広場

【チケット料金】
前売 3500円 学生 2500円 当日 4000円 全席自由
【チケット予約方法】
電話:03-5225-3634 FAX:050-3424-6289
メール:btt@tokyo.email.ne.jp
http://www.ne.jp/asahi/kurotent/tokyo/

【チケット代金振込先】
郵便振込 00180-0-96979 加入者:黒テント
銀行振込 みずほ銀行鷺宮支店 普通口座1427603 黒テント
(入金の確認後、チケットを郵送します)

京都公演:2009/07/24(金)
大阪公演:2009/07/27(月)
その他全国をまわります。

【お問合せ】
黒テント
〒162-0832 東京都新宿区岩戸町7番地
電話:03-5225-3634
FAX:050-3424-6289
メール:btt@tokyo.email.ne.jp
営業時間:平日11:00~18:00

■ソロ晩シアターvol.7 灰色天国
 出演:黒子沙菜恵(コンテンポラリーダンス)
2009/6/21(日)

開場 19:00/開演 19:30

場所:AManTo天然芸術研究所
大阪市北区中崎西1-1-18
http://tengei.atpk.jp/page_3

入場料:1800円(予約の方は300円ドリンク券サービス)
*小学生以下、60才以上は無料

予約、お問い合わせ
メール:tengei@yura-ism.com
電話:070-5661-0186(たけもと)
090-9546-5726(くろこ)
JCDNダンスリザーブ:http://www.jcdn.org

■豊田勇造 60歳6時間60曲フリーコンサート
2009/6/6(土) 雨天決行

12:00開場/pm.1:00開演/pm.7:00終演

場所:円山公園野外音楽堂
京都市東山区円山町・東山通四条角八坂神社奥・円山公園南隣

入場無料

問い合わせ
ビレッジプレス TEL. 06-6320-2445 / 03-3928-7699
URL http://www.toyodayuzo.net/
メール office.toyodayuzo@plala.to

■原将人監督 ライブ&映画
「マテリアル&メモリーズ」上映会
2009/5/22(金)

pm.9:00〜11:00
場所:八文字屋

フィルムライブパフォーマンス by 原将人
ゲストミュージシャン 平岡香純&高木駿一

チャージ3,000円(1ドリンク付)

■廣瀬純刊行 選書フェア
4月中旬〜5月中旬まで

ブックファースト京都店 4F人文書 日本現代思想棚にて展開中

「シネキャピタル」(洛北出版)
「闘争のアサンブレア」(月曜社)など

■薫風 4マチエール
フリオゴヤ/山本幸一/草間てつ雄/武田浪
2009/5/1(金)〜11(月)

会期中は休館日なし
10:00〜18:00

場所:島田美術館
熊本市島崎4丁目5-28
TEL. 096-352-4597
FAX. 096-324-8749
http://www.shimada-museum.net

5/7(木)pm.6:30〜 林栄一ライブ(アルトサックス)

料金:お一人様 2,000円/お二人様ご一緒 3,000円(ワンドリンク付き)
ご予約はお電話で承ります
島田美術館 TEL.096-352-4597(10:00〜18:00火曜日休館)

■ほんやらライブ
2009/未定

pm.7:00 START
場所:ほんやら洞2F
チャージ:1,000円

佐々木恵俐(フルート)
Mr. 芦田(ギター)某K新聞記者

曲目
・グリーンスリーブスによる変奏曲
・朝のうた
・ベルベットワルツ
ギターソロ
・11月のある日
龍笛ソロ
・衣由羅

問合せ
http://eri-music.raindrop.co.jp
Tel. 090-6232-3277